変態出会い.com

変態の出会いやアブノーマルプレイの体験談を掲載しています!

18歳未満は退出してください

アナルセックス 調教プレイ

出会い系で知り合った人妻を浣腸調教

投稿日:

アブノーマルな性癖を持っている女性って、なかなか出会えませんよね?たとえ彼女や妻がいても、相手がノーマルだと、アブノーマルなプレイはできませんから、欲求不満は溜まってしまいますよね?私は浣腸とアナル調教が好きで、付き合って間もない彼女に勇気を振り絞ってエッチの時に、「ねぇ、浣腸させて。」と頼んだことがあります。そしたら、「そんなの嫌だ、あなた変態?」と言われて全力で拒否られました。結局彼女とは続きませんでした。

アブノーマルなエッチをする相手を見つけるのは、本当に難しいですよね?しかし、出会い系サイトなら、あなたの性癖にあった女性を見つけることも夢ではありません。私は最近、出会い系サイトで知り合った36歳の人妻を浣腸調教しています。

彼女は私がメールを送って、返事があった女性の中の一人でした。プロフにはアブノーマルな性癖なことなどは全く書かれていませんでした。彼女とはサイト上で1週間ぐらいやり取りしてから、LINEに誘いました。LINEに移ってから、下ネタの話をするようになりました。彼女は旦那とセックスレスだったようで、下ネタに食いついてきました。私がどんなエッチをしたいかと聞いたら、アナルセックスをやってみたいと言ってきました。私もアナルセックスは好きだったので、次の週末に会う約束をしました。

彼女はショートカットでスレンダーな小奇麗な女性でした。1時間ほどカフェでコーヒーを飲んでから、私たちはホテルへと向かいました。私は途中で薬局に寄りました。そして、浣腸コーナーで「入れて欲しい浣腸買ってきな。」と彼女に浣腸を買わせました。そして、駐車場の隅で彼女に買ったばかりのイチジク浣腸をしました。「んんん。」と彼女は悶えました。それから、近くのラブホにチェックインしました。彼女は必死に便意に耐えていました。

部屋に入ると、彼女はもう我慢できないという感じでした。私は彼女に服を脱がせました。そして、風呂場に行って、思いっ切り彼女にぶちまけさせました。彼女は「いや、いや、恥ずかしい、見ないで!」と言いながら、口とは裏腹に思いっ切りぶちまけました。全部出し切った後、残りの浣腸をして、腸内を綺麗にしました。

彼女のお尻を綺麗に洗った後、ベッドに行きました。彼女を四つん這いにさせ、私は彼女のアナルを舐めました。アナルが感じるのか、「あんあん」言いながら、お尻を押し付けてきます。アナルが柔らかくなってから、彼女のアナルに指を入れました。すんなりと入りました。指を出し入れすると、「うんぐ、んぁぁ」と喘ぎ声を上げます。

彼女のアナルを指で楽しんだ後、私は彼女のアナルにペニスの先っぽを突っ込みました。最初は痛がっていましたが、慣れて来たのか自分でお尻を動かし始めました。そして、私は思いっ切り力を入れて、一気にペニスを彼女のアナルに押し込みました。「んぁ!」と彼女は叫び声を上げました。「痛い、痛い。」と叫んだものの、次第に「あぁ、気持ち良い。」とアナルで感じるようになりました。私は彼女のアナルのきつい締め付けに耐えられなくなり、フィニッシュのため腰を激しく振りました。彼女は「ああぁ、おかしくなっちゃう!頭の中が真っ白になっちゃう!!」と絶叫しながらイキました。私も彼女のアナルに射精しました。

彼女は私とのアナルセックスにハマったようで、今では定期的に会い、私は彼女のアナルを調教しています。

 

【完全無料】アブノーマルは最高だよ♪

-アナルセックス, 調教プレイ

執筆者:

関連記事

ある女性と普段できないことをお願いされました

ネットでの出会いというものを何回か繰り返して楽しんでいたんですが、変態というか、アブノーマルな女性と出会ったのはその時が最初でした。 私は一般的なHしか経験がない未熟者だったこともあり、次のステージを …

女子大生とのアナルセックス

私は大学生時代に風俗店、ソープランド店でソープランド嬢とのプレイで童貞を失いました。 それ以来、私は数年前までずっと女性との性的プレイは全て風俗店でのプレイでした。 「でした」と過去形になっているのは …

気の弱そうな女の子に、何とか頼み込んでアナル

小柄でとろんとした目の可愛い子が来てくれました。出会い系サイトでやり取りした写真の通りの子です。 というか、考えた以上に都合がよさそうな感じがしました。 多少変態っぽいプレイもしたいほうなのです。 気 …

サイトで出会った麻美子と変態プレイ

昔から女のアナルにイタズラしたいとずっと思っていた。 この変態的な願望が実現したのはサイトで麻美子と出会ってからだった。 出会い系のサイトで最初からアナルをヤラせろといってしまうと、ひいて逃げてしまう …