変態とはどんな人のことをいうの?


「変態」とはどんな人のことをいうのでしょうか?
一般的には、普通ではない人、病的な人ということが載っていますが、人それぞれ趣味嗜好が違いますから、ただ単純に大勢の人と一緒ではない癖ということで、変態と決めつけるのはどうかと思います。

全ての人が同じ食べ物を好きじゃないように、人によって性的な好みは違うのです。

もちろん、同じような性癖を持つ人もいるので、一般には受け入れられない癖でも、インターネットを利用すれば同じような性癖を持つ人と出会うことができます。

当サイトではそのような方の出会い体験談を掲載しております。

▽ 目次 ▽



  1. SMとはどんな行為?

  2. 変態出会い|野外でのセックスを

  3. 変態出会い|アブノーマルな大人の関係の相手を求めるならドコ?

  4. 彼女はいろんな要求に頑張ります

  5. かわいい未亡人とエッチな関係になりました

  6. 出会い系サイトで変態プレイ

  7. このまま苦しんでいるのは辛いのでサイトで出会いを探してみた

  8. 手を縛られただけでなく喘ぎ始める変態人妻





SMとはどんな行為?



SMとは2人のうちどちらかがS(サド)、もう一人がM(マゾ)といわれる役割を担い、性的プレイに興じる行為をいいます。

Sは攻める行為(攻め側)、Mは受ける行為(受け側)です。

SMでは縛り、ムチ、ローソクプレイなどがあり、Mは普通では「痛み」と感じる行為に快感を覚え、SはMを辱める、攻める行為に快感を覚えます。



ここからは、変態さんとの出会いやプレイについての体験談です!

是非ご覧ください

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




ネットやサイトの掲示板で変態出会いっていうのは、時々とてもエッチな性癖がある女性と当たるため、そういう時には全力で試させてもらうわけですが、昨年僕が出会った女の子はプロフ覧にハプニングバーに一緒にいく男性を募集していますと書いてあったんです。

ハプニングバーと言えばアブノーマルな性癖の男女が集う場でとても興味が湧いたので、これはいくっきゃないと思いメールをやり取りして実際に行くことになりました。

ハプニングバーはカップルでイ行けば割引になるというものでして、それを狙って彼女もよく出会い系で男性を探しているらしいのですが、まさか見るだけじゃ終わらないだろうと期待を胸にしてバーに入りました。

辺りは色々なことをしている人やカップルがいましたが、とりあえずは比較的落ち着いて見学できるラウンジで色々な話しをしました。

しかしこんな所に来る女性ですし、当然彼女も中々の変態な性癖な持ち主であり、よくよく彼女を観察するとシャツの下にブラジャーを付けていなく、結構大きめなDカップのおっぱいが覗き見えていたんです。

そして彼女がおもむろに僕の手を取るとスカートの中に導いてきたんですが、そこも下着を付けておらずしかも股間はもうビチョビチョだったんです。

もう僕は興奮してそのまま手マンをすると、彼女は感じているのをアピールし始めたわけで、どうもこういった露出視姦プレイが大好きなんでした。

そしてしばらく手マンを続けていると彼女はやがて大きく身体を逸して潮を吹いてイッてしまいました。

その後も奥のプレイルームで客に見られながら激しいセックスをしちゃいましたが、とても変態な体験をできてとても楽しかったです。


【完全無料】変態会員ばかりを集めました!





△ 目次に戻る

変態出会い|野外でのセックスを



僕は28歳で、営業の仕事をしています。僕は今は特定の彼女はいないのです。なぜなら、僕がいつも野外セックスをしようとして、相手が嫌がってフラれるんです…。
なので、今はそういう変態な出会いのあるサイトを使ってセックス相手を探しています。でもそういうのって、変態に分類されるみたいでちょっと悲しいです…。
でも、そういう出会いのあるサイトなら、割り切ってセックスだけの関係になってくれる人は時々いるので、そういう人と時々会ってセックスしてます。
僕がいつもセックスする場所は、人気のない大きな公園です。茂みが多くて、夜も出入りできるところです。そこでいつもセックスしています。いわゆるアオカンという奴です。
こないだ会ったのは、32歳の女性で、この人は露出願望がある人でした。やっぱりそれくらいの人の方が野外でのセックスへのハードルは低いですよね…。彼女はコートを着てきたのですが、コートの下は何にも着てなくてびっくりしました。でも、おもったよりオッパイが大きくて、思わずむしゃぶりついてしまいました。
さすがに開けている場所ではあんまり長くオッパイを堪能できないので、2人で奥の茂みの方に移動しました。そこで僕のズボンとパンツの中からいきり立ったちんぽを見せると、彼女はすぐに咥えてくれました。程なくして僕はイきそうになったのですが、彼女はそこでちんぽを離してしまいました。僕はたまらなくなって、入れていいのか聞いたら、比較的人が良く通る通路に連れて行かれ、彼女は僕を後ろから抱きしめて、ちんぽを人から見えるようにしました。それで僕のちんぽをしごいてきました。人に見られそうで怖かったのですが、彼女が耳元でこの方が興奮するからと、構わずしごくので、僕は我慢できなくなって出してしまいました。人は来なかったのですが、僕のザーメンが通路の真ん中の方まで出てしまって、びっくりしました。彼女は明日これを見つけた人の反応が楽しみだそうです。
その後は茂みの奥でセックスさせてもらいました。やっぱり外で立ちバックでセックスするのは最高です。また今度こういうセックスをできる人を探したいと思います。

28歳/営業



【完全無料】アブノーマルなHに興味ある人集まれ




△ 目次に戻る

変態出会い|アブノーマルな大人の関係の相手を求めるならドコ?



私はちょっと性癖が変わったところがありますので、人生のパートナーでは私の欲求を満たすことができません。言ってしまえば、私の性癖はちょっと変態なのですよね。

ですから、パートナーに不満があるわけでもなんでもないのですが、ちょっと変態行為を楽しめる大人の関係の恋人はいます。長年連れ添っているパートナーとは、アブノーマルでもなんでもない、いたってノーマルな行為を楽しんでいます。

しかし、一度わりきりな大人の関係を覚えてしまうと、なかなかやめることができないのですよね。性欲が枯れたらもちろん辞めることではあると思うのですが、いかんせん三十路に入って、どういうわけなのか増々性欲が盛んになってきてしまっているので、まだ辞めることができないわけです。

ちなみに、アブノーマルな行為に応じてくれる大人の関係の恋人との出会いについてですが、変態出会い系サイトです。夜勤の暇つぶしがてらに試してみた出会い系サイトなのですが、思いの外ハマってしまって、その上サクッと相手を見つけられるところからも、非常に役立っているツールですね。

それに、実際に会わなくっても、私のアブノーマルな行為に呼応するような便利お役立ち情報を伝えてくれる出会い系サイトは本当に便利ですね。今では、もっと早く体験しておけば良かったと思っています。実は出会い系に手を出したのはアラサーに入ってですからね。外見は枯れて、けれどもそれに反比例して性欲が増してしまったので…。
(34歳・会社員)


【完全無料】変態に興味ある方はこちら





△ 目次に戻る

彼女はいろんな要求に頑張ります



色っぽく変態的な趣味嗜好をもった男女が集まるサイトがあります。
単独の方からカップルまでいろんな方が行っている性生活の模様を撮影したものがアップされていたりすることから、時々チェックしていました。そして自己紹介している方とは、コンタクトがとれるようになっており、気軽な気持ちでメールを送ってみたのです。すると数日後返信メールがありました。彼女は30代くらいの女性で普段は看護師をされているようです。仕事のストレスを発散するため、このサイトを利用したりプライベートなどでもエッチなことへと挑戦していたようです。
数回のやり取りを重ねるにつれ、互いの画像を交換し、実際に会う約束までこぎつけたのです。彼女からはエッチな出会いがしたいという要望があり、痴漢プレイで出会うことを提案、快く快諾してくれ詳細を詰めていきます。そして当日デパートの雑貨店で店内をウロウロしているというメールをもらい、いざ出向きました。聞いていた特徴をもとにそれらしき女性を発見、その瞬間私の股間は一気に盛り上がります。一見普通の格好に見えましたが、下はピタッとした白のパンツスタイル、当然ラインは強調されているのでTバックのパンティが透けている状態です。
上はふわっとしたブラウスですがよくみるとブラをしておらず、うっすらおっぱいが確認出来そうな感じです。近くに行って軽く目を合わせると向こうも気付いた模様でほのかに微笑む表情です。さらに近づき視姦します。少し恥ずかしながらも、クネクネといやらしく動きます。
それからは場所を女性用の下着売り場に移し彼女へ下着のプレゼント、カーテンを閉めずに試着を繰り返しながら選びます。出来るだけセクシーで生地の少ないものを提案しながらとっかえひっかえです。申し訳ないのですが彼女は感じてしまっていたようで、数店のパンティにシミがついていたかもしれません。選んだのはキャラクターものの小さな綿パンといかにもスケベなTバックです。それを携えホテル街へ、まず部屋に入るなり抵抗する彼女を堪能、それからはさらに素直になった彼女に変態的要求を強めます。アナルへのバイブ挿入から、私からの聖水シャワーといったものです。そこからは関係性も密になり、さまざまな場所でのエッチプレイに勤しんでます。
こんないい出会いがあってサイトに感謝です。

40代/男性/営業職


変態天国





△ 目次に戻る

かわいい未亡人とエッチな関係になりました



わたしは30代後半の男性です。出会い系サイトを利用するようになってから3年ほど経ちました
。それなりにいろんな出会いがありましたが、特に思い出深いのが1年前に出会った女性です。名前はYちゃんと言います。Yちゃんは20代後半で、仕事は派遣社員をしているとの事でした。出会った日は普通にごはんを食べて、うまくいけばエッチをしようかなと思っていましたが、その日はそんな雰囲気にはならず断念しました。それがYちゃんとって好印象となったみたいでYちゃんからのお誘いが増えました。5回目に会った時にはじめてホテルに行きました。とりあえずエッチが一回終わってまったりしていると、Yちゃんは少し物足らないような感じでいました。わたしが下手くそだったのかなと思っていたのですが、Yちゃんは別れた旦那さんからかなりの変態プレイをしていたと聞きました。
アダルトビデオであるような、生死を顔にかけるのは当たり前だったみたいで、最初は嫌だったのですが、だんだんと生死を顔にかけられることに興奮を覚えていったみたいです。それを話し終わった後に、急にフェラをし始めました。ペニスはだんだんと大きくなり、5分後くらいに発射しそうになりました。
Yちゃんは発射するスン電に口から、テコキに変えて、発射された精子を顔にかけました。その瞬間にYちゃんは笑っていました。この時に変態プレイが好きなんだなと確信しました。それからわたしなりに変態プレイを色々と調べました。まずは野外プレイを行いました。
いきなりハードルの高い事は行わず、少し広めの駐車場に車を止めてカーセックスを始めました。時間は昼間だったので、時々人が通ったりするのでばれるかどうかひやひやでしたが、それが逆に興奮しました。Yちゃんは必死に声を抑えていましたが、わたしはあえて激しくついてやりました。それからは、深夜の電車や、公衆トイレなどで行為に励みました。今は待っているのはリモコンバイブを仕込んで、大勢の人前でスイッチをオンにし、Yちゃんをよがらせています。


【完全無料】変態プレイ希望♪




△ 目次に戻る

出会い系サイトで変態プレイ



 誰でも一度は欲望のままに女の子とエッチなことをしたいと考えると思います。私も彼女とエッチなことをするときは、どうしても自分の欲望を出せずにいました。それは、彼女から嫌われたらどうしようという気持ちがあったからです。だから私は出会い系サイトで自分の欲望を何も考えずに全て出し切れる相手を探していました。
 私が出会い系サイトを利用していると、ある女性とメッセージのやり取りをするようになりました。彼女は私より少し年上の女性で身体の関係を持てる男性を探しているということでした。私は彼女と会いたいと思ったのですが、その前に彼女に確認しなければいけないことがあります。私は自分でも変態だということが分かっていたので、そのプレイについてこれるのかということを彼女に聞いてみました。すると、彼女は自分も変態だから何も問題ないというメッセージを送ってきました。これは今までずっと考えていた欲望を全部出し切れるチャンスだと思い、彼女と会うことを決めました。
 彼女と会ってみると、彼女の容姿に驚きました。とても私より年上だとは思えないくらい、若々しくて美しい方だったからです。私は彼女とあいさつをするとそのまま二人でラブホテルへと移動しました。部屋に入ると二人でやりたいプレイについて話しました。彼女は何でもしてくれるということだったので、私はお尻の穴を舐めて欲しいことと、自分がMなので責めて欲しいことを伝えました。彼女はそれを受け入れてくれたので、シャワーを浴びてプレイスタートです。
 まずは私の要望どおり彼女は私のお尻の穴をなめてくれました。それも彼女は慣れているようで私の気持ちのいいポイントを的確に責めてきました。今までに感じたことのない快感に浸っていると、彼女は急に怖い顔になり、私のアソコを踏んできました。そして、「何休んでんだ、早く舐めなさい」その足を私の口に入れてきました。私はMなのでものすごく興奮しました。その後もお尻をなめられたり、言葉責めをされたりと今までにやりたかったことをやり切ることができました。一生できないと思っていたことをさせてくれた彼女には感謝しています。

30歳・自営業


⇒こちらの人妻も変態揃い!


【完全無料】変態でも大丈夫だよ♪




△ 目次に戻る

このまま苦しんでいるのは辛いのでサイトで出会いを探してみた



私は以前、彼女を縛ってエッチしようとして断られてしまいました。断られるだけならまだ良かったのですが、変態と言われて振られてしまったのです。それから新しい彼女はできましたが、その時のトラウマが元で彼女を縛ってエッチしようとは思わなくなりました。しかし、縛るということでの興奮を忘れることができない私は苦しんでいました。縛りたいといえばまた今の彼女にも変態扱いされるかもしれません。ですが、それを一生我慢して生活するのも辛いと思ったのです。
そこで私は出会い系で相手を探すことにしました。出会い系サイトでは自分の性癖をしっかりと記載して、それでもOKな女性のみ連絡ください。と書いておきました。さすがにすぐに連絡は来ないだろうと思っていたのですが、次の日に女性から連絡が来たのです。その女性Aは縛られるのが大好きで、縛られたままのエッチではないと感じない。と書いてありました。
これは私との相性がいいのではないかと思いすぐに返信をしました。メッセージだけでもかなり盛り上がり、次の休みの日に会うことになりました。待ち合わせ場所で見つけたAは縛られないと感じない。なんて想像できないくらい清楚な女性でした。そのままホテルに行き部屋に入ると私はカバンから縛る紐やロープを出して見せました。Aは嬉しそうにそれを手に取りながら「これがいいです。」と赤い紐を私におねだりしてきました。Aは自分でワンピースを脱ぎ全裸になりました。
私は「この白い肌に赤の色は合うと思うよ。」と言いながらAの体を縛りました。縛っているときにAが「きつめでお願いします。その方が感じるので」と言うのできつめに締め上げました。完成した時にはもう私も我慢できずベッドに押し倒し、バックで挿入しました。Aは感じているのか濡れまくっていました。おかげで出し入れもスムーズにできました。二人とも最後は声を上げながら一緒にいってしまいました。その日は時間が許す限りエッチをしました。今でもAとは付き合いがあります。

27歳 会社員







△ 目次に戻る

手を縛られただけでなく喘ぎ始める変態人妻



出会い系って初めはみんなエッチ目的ではないような態度をしていますが、なんだかんだいって結局みんなエッチがしたいんですよね。これは女性でも同じこと。変な男とはエッチしたくないけど気に入ればやっぱりしたいんですよね。そうじゃなきゃ出会い系なんてする必要がないですもん。
そんなわけで今回出会ったのはバツイチ独身の38歳の女性でした。待ち合わせ場所に来たのはちょっとぽっちゃりで、どう見てもFカップはあろうかというグラマラスな女性でした。これは楽しみです。38と言っていましたが、お肌はピチピチでツルツル。美人顏なのでかなり若く見えました。
居酒屋で食事をしながら色々と話を聞いてみると、バツイチになってから全然男との交流がなく、3年くらいはエッチしていないとのこと。職場に男はいるらしいのですが、噂になるのが怖いため、職場恋愛はイヤだとのこと。そんなご無沙汰の人妻をほっておくわけにはいきません。ちょっとずつ手を触ったり肩を叩いたりしてスキンシップを図り、どちらともなくホテル街の方へ向かいました。
シャワーを浴びて、さてベッドで始めた時彼女が
「変態って思われるかもしれないんだけど、手を縛ってして欲しいの」
と言います。
「Mなの?」と聞いてみると
「わからないけど、縛られるとすごく興奮するの」と言いました。
「よーし」
とバスローブの紐で両手首を縛ると彼女の息遣いが荒くなり、目がトロンとしてきました。
これはMだと確信した私は少し手荒に扱ってみることにしました。ベッドに彼女を仰向けに転がし、Fカップのおっぱいを強めに揉みしだきます。
「あっ」と喘ぎ始め、彼女は私のされるがままです。そして彼女の上に跨り、両手を上に上げさせたまま私のモノを咥えさせます。彼女は苦しそうにしかし嬉しそうに自分から私のモノをピストンしてきます。
ひとしきり気持ちよくなったとことで、69になり、彼女の脚を思い切り開いてクリトリスを舐めまわします。
「あぅあぅ」と悶えながら彼女は私のモノを咥えたまま離そうとしません。舌と指で1回イカせたあと、四つん這いにさせてバックから挿入します。
「ダメ〜」と言いながら自分から腰を押し付けてくる彼女に我慢出来ず、行ってしまいました。
軽目の変態プレイでしたが、手を縛るだけでいつもよりかなり興奮できるものだと満足できる出会いでした。


人妻不倫物語



もっと見る

△ 目次に戻る


top