変態体験談

▽ 目次 ▽



  1. 子供の格好で大人の遊び

  2. ブルマをこよなく愛するブルマ好きの変態紳士さんとの出会い

  3. マゾな男性との出会い、変態プレイを楽しんでいます

  4. 出会い系のいいところは普段できないことができるところ

  5. しゃぶって!のリクエストだったのにやっちゃった話

  6. 出会いサイトから出会った男性

  7. 出会い系サイトで知り合った女性と大人の関係になった話





子供の格好で大人の遊び



私は出会いサイトに登録している。
理由は正直なところセフレが欲しいから。
私、結婚には興味が無いんです。
いつも家で金切り声を出して怒っていた母を見て育ったので結婚に良いイメージが無いの。
でもセックスはしたいんだ。
だから真剣な出会いではなくて遊びで付き合えるような人をサイトで探してる。
今日会えた人はなかなか良かったよ。
年齢は20代後半で背もまあまあ高くて、顔も悪くない。
細身だしね。
その彼ととりあえず近場の駅で待ち合わせて、そこから軽くご飯を食べてからホテルに向かった。
その彼と行ったラブホで選んだ部屋は何と懐かしの教室風。
今や色んな趣向を凝らした部屋があるけど、まんま教室っていうのは珍しい。
もちろん、黒板や小さな机や椅子があって小物はリコーダーとかランドセルとか…いやいや楽しい。
この状況をさらに楽しむにはコスプレでしょ!
早速フロントに電話してセーラー服を調達。彼には白衣を着てもらう。いや〜セーラー服着れてうれしい。制服ブレザーだったからね。お風呂場で確認してテンション上がる。記念に自撮りしてしまった。
ベッドもあったけどあえて机で絡む事に。
こういうシチュェーション憧れだよね。机に押し倒される私。
相手は先生という設定。
「悪い子だな。お仕置きしてやる」「ごめんなさい、先生。許して」「ダメだ」
先生(?)指で私のアソコを弄びながらもう一つの手で胸を揉み出した。「ああっ」もっと感じさせて!
今度は口でアソコを愛撫してくれる。「うう…ん」気持ちいい。「こんなになって悪い子だな」
えっ?彼はリコーダーを持っていた。まさか?リコーダーを唾で湿らせてアソコへ挿入。「あっ、嫌っ」やめてくれない彼。
「変態!」「嬉しいくせに」私のアソコはグチャグチャに濡れていたみたい。リコーダーの角でクリストスを刺激するんだもの。「ああああ…はぁぁあっ、やめて、お願い」
セーラー服姿で犯されてる感じで興奮してしまう。
「やめて欲しいんなら先生のを舐めろ」私は彼のモノにむしゃぶりついた。ペロペロと丁寧に舐めてあげる。
「…お願い、入れて」
彼のモノが身体に入ってくる。
そのまま激しく腰を前後に振られて身体の奥からうねりがやってくる。「ああ、いいっ!」
頂点に達した二人は机の上でしばらく動けなかった。
こういう変態プレイも出来る人とはなかなか出会えないのでこの彼とはまた会いたいな。向こうもそう思ってくれたら良いんだけど。
身体も心も満足な出会いでした。

25歳│OL

変態メール





△ 目次に戻る

ブルマをこよなく愛するブルマ好きの変態紳士さんとの出会い



大人系の出会いサイトを利用して、変態っぽい男性と出会い、そしていつの間にか交流を深めちゃいました。
変態の基準が良くわからないのですが、その男性は私からすると変態の部類で、ブルマが大好きであり、私よりも一回り近く年上の男性でブルマフェチなんだそうです。
…というか、ブルマって何なんですか?
エッチなアダルト動画やエッチ雑誌、あとはドンキで売られているのは見た事あるんですが、今の女子って私も含めてブルマなんて穿かないですよね。
そんな訳で、20代前半の私の世代からすると良くわからないんですが…と戸惑っていたら、その男性はブルマについて暑苦しいくらいにブルマの歴史やブルマの色の種類等熱っぽく語って下さいました。
メアド交換やライン交換もしているんですが、毎回拾い物画像なのかは良くわからないけれども、色んなブルマ画像がその男性から送られてきます。
ちなみに、その男性の外見は、体育会系のさわやかな大人の男性で、ブルマとは程遠い外見をしております。
ついでに言うと、恋人になってくれとしつこいくらいに迫られているんですが、現時点ではまだ考え中なんです。
勿論、リアルにも出会いまして、既にもう何度か遊んでいるんですが、この前ついに…はい、ついつい流れでラブホテルに行ってしまいました。
エッチをする前に、何処で購入したのかは不明なのですが、その男性は新品のブルマと体操着の上着を持参しておりました。
穿いて欲しいと頼まれたから、仕方なく上下とも着用してみたら、とても鼻息を荒くして興奮し出したので、なんだか怖くなってその変態っぽい様子にすぐさま体操着とブルマは脱いでしまいました。
その後は普通にお互い裸の姿でエッチをしたんですが、男性側からどうしても体操着とブルマを着用したままエッチをして欲しいとせがまれて、もう断るのが本当に大変でした。
普段は紳士っぽいのに、実際に会っても普段の会話は紳士そのものなんですが、ブルマの話題になると途端に豹変して変態になります。
しかも、ブルマは黒も良いけれど赤ブルマが最高だと言っており、段々とブルマ談義もエスカレートしていっている今日この頃です。

24歳|一般事務員


変態天国





△ 目次に戻る

マゾな男性との出会い、変態プレイを楽しんでいます



いわゆる出会い系サイトを通して、私的にまさに自分の理想にぴったりな男性と見事に出会えました。
なかなか自分の好みにかなう出会いそのものがネット上でもあまりなくて、半ば諦めていた頃にようやくといった感じです。
私自身なんですが、ちょっと性的嗜好がアレなものでして…。
男性って、どちらかと言うと、結構そっちの大人方面になると性的嗜好がSかMかと言ったら、S…サドの傾向の人が多い中で、実は私自身がサドっ気が強い方なので、大抵の男性とは性的嗜好が合わずに、もしくはこちら側が妥協せねばならない状態でありました。
そんな中で、可愛らしくてちょっと変態っぽいM…マゾ男性が見つかりまして、これが偶然か必然かはわかりませんが、見事に私のサドっ気心をくすぐってくれそうな変態っぷりでした。
ネット上ではスカイプを使って言葉で罵ってあげたり、いやらしい卑猥な台詞を言ってあげると、マゾ男性はとても息を荒くして悦びの声を上げています。
マゾ男性曰く、実際に痛いのとかは無理だそうなんですが、自分の醜い裸体を見せて女性に罵られたり、可能であれば複数の大人の女性達に裸体や陰部といった箇所を見られて嘲笑されたいと常に言っております。
求める年齢層も幅広く、20代女子から30代、熟女といった40代~50代の女性に至るまでこの痴態っぷりを眺めてもらいたいと言っております。
ネット上では直接通話といったお喋りをしない日でも、時々文字のみのやり取りでイメチャプレイをしてあげると、マゾ男性は大いに悦び、その興奮して喜悦している様子にこちらもなんだか背筋がゾクゾクとして胸に面妖な感情がわきあがって参ります。
イメチャはイメージプレイもしくはなりきりプレイの一環でして、マゾ男性に自慰指示を与えるのにとても適しております。
そして、ネット上のみならず、距離的な事や忙しい事もありあまり会えないのですが、そのマゾ男性とも実際に出会いました。
事前情報として写真は見ていたのでわかってはいたのですが、まさかこんな男性がマゾだなんて…と思う程にそこそこイケメンなんですね。
むしろ、私の方が大人しそうで普通過ぎて、サド女性っぽく見えないと言われしまう有様でした。
でも、そのギャップがまた素敵、とマゾ男性がうっとりとした顔でフォローしてくれました。
勿論、ラブホではマゾ男性に自慰指示を直接与えてあげたり、少しコツがいりますがパンストの足で足コキをしてあげるとマゾ男性の陰部が既にはちきれんばかりになっておりました。
あとは逆に、マゾ男性に強制的にこちら側にご奉仕をさせたり…それさえも、とても恍惚とした様子でした。
マゾ男性の最大のメリットは、サドっ気の強い人よりも無理強いしないプレイをのぞめる事ですね。
マゾで変態っぽい感じですが、見た目はそこそこイケメンなので、人ってわからないものですね…と思いつつも、またマゾ男性をどうやって愉しませようかと脳裏で考えております。

36歳|地方公務員


100万人の変態探し





△ 目次に戻る

出会い系のいいところは普段できないことができるところ



出会い系のいいところって、毎回違う女の子に会えるところはもちろんなのですが、エッチまで持ち込めたときに彼女には出来ない変態チックなプレイができるところですよね。
先日出会った女の子は30歳のショップ店員さん。アパレル業界だけあって、おしゃれさんでした。
待ち合わせは渋谷。彼女は長身で、ヒールのせいもあると思いますが170cm近い身長がありました。ミニスカートからのぞくタイツに包まれた長い脚がたまらなく魅力的です。
「おなかすいちゃった」
と彼女が言うので個室系の居酒屋へ向かいます。個室居酒屋ってちょっと密室ぽくって、そこに入っただけで親密さが増す感じになるのでおすすめです。
結構お酒も飲める子で、酔いはじめると話は下ネタの方に進みます。なかなか積極的で、これは今日イケるなと内心ガッツポーズです。
最初はマイルドな下ネタですが、だんだん具体的になってきます。
「あたし、舐められるのが結構好きなんだけど、前の彼氏が舐めるのが好きじゃないみたいで全然舐めてくれなかったの。あたしってちょっと変態なのかな」
「そんなので変態だったら俺なんか超変態だよ」
などとエロトークが盛り上がり、
「じゃあどっちが変態か確かめに行こうよ」
ということになり、道玄坂を上がってホテル街に向かいます。

トーク上ちょっと変態っぽくしなければいけないかと思い、エレベーターの中でいきなりキスをし、推定Dカップと思われるおっぱいを揉んでみました。彼女もすでにエロモードに入っていたようですぐに舌を入れてくるベロチューで受け入れてくれました。

一緒にお風呂に入り、彼女のDカップに泡をつけ体中洗ってもらい、お返しに体中を素手で洗った後、お風呂で体中舐め回してあげました。彼女は本当に舐められるのが好きらしく、うれしそうに笑っていい声を出していました。

「のぼせちゃうから、あとでもっと舐めてね」
と言われ、お風呂から出てビールを一杯飲み、足の指から脇から体中を舐め回しました。
舐めたり舐められたりって、やっぱり基本というか気持ちいいですよね。まあ、変態と言えるほどではありませんが、いい出会いが出来ました。


淫らなお隣さん【完全無料】





△ 目次に戻る

しゃぶって!のリクエストだったのにやっちゃった話



サイトを覗く時ってどんな時ですか?
誰かと話したい?
さみしい時?
すぐやりたい?
私は時間が空いててさみしい時にサイトを覗いてしまいます。

20歳の専門学校生です。
友達も多くないし、休みで暇になるとよくサイトの掲示板を見てました。

この前、夜にいつものように出会い募集の掲示板を見ていたら気になった書き込みがあったのでメールしてみました。
「今からトラックの中でしゃぶって!」
今からトラックの中でって…。
変態っぽいですよね。

「迎えに来るならペロペロしてあげるよ」とメールするとすぐに返事がありました。

トラックの運転手さんでした。
仮眠しようとしているところだったみたいです。
でもその日は私の家が遠すぎて時間的に無理でした。
面白そうな人だったので次の日の夜に改めて約束しました。

次の日近くのコンビニまで迎えに来てくれました。
30代の優しそうな人でした。こういう普通っぽい人も出会い系使うんだ~とちょっと意外でした。

トラックの助手席は広くてけっこう快適です。
田舎の静かな道の駅の駐車場の奥の方へ車を停めました。
彼がズボンの上から股間を触らせてきました。

私もその状況にドキドキしてしまいました!

トラックなので周りから簡単に覗かれることは無さそう。
ズボンの上から固くなったモノをなでなでしてあげました。

彼は私のおっぱいを服の下に手を入れて触ってきます。
私もズボンとパンツを下げて直接きゅっとおちんちんを握りました。
既に我慢汁でにゅるにゅるしています。
「気持ちいいのぉ?もうすっごい垂れてるよ?」
年上の人だったけどなんか可愛いなって思ってしまいました。
そのままシコシコしごいてあげました。
「気持ちいいよ~口でして!」
最初はおっぱいを触っていたのにもうそれどころではないみたいで私の頭をグイグイ押してきました。
助手席側から体を曲げて彼のおちんちんをちゅぱちゅぱしてあげると
「うっうっ」と気持ち良さそうな声がします。
エッチする気はなかったけど、もう私も触られてないのに濡れまくってました。
そのままパンツを下げて運転席の方に騎乗位で乗っかりました。

ビックリしてましたけど、彼が下から腰をグイグイ押し上げてくれました。
それがまた気持ちよくて何回もイッてしまいました。

車の中でやったのは実は初めてでした。
変態かもしれませんが、見られそうなスリルが癖になりそうです。

その人とはそれっきりでしたけど。
また、車の中でエッチしたいな~。
できれば広い車がいいです!

今から始まるHな関係【完全無料】




△ 目次に戻る

出会いサイトから出会った男性



私は、友達の紹介がきっかけで、出会いサイトを始めました。
ものすごい大量の男性が登録しており驚きました。
年齢も幅広く、年配の方までいました。
登録したその日から、複数の男性からメッセージをいただきやりとりを始めました。
皆さん出会いを求めているとゆうより、変態な方ばかり(笑)
セックスの趣味の話やいやらしい写メを送って来たら、送って欲しいと求められたり。
私も欲求不満だったため、要求に応え、いやらしい写メや動画を撮って送ったりしました。
そんな中、一人の変態男性と、お互いのしてみたいプレイとゆうのが一致し、その話で盛り上がりました。
普通に彼氏だと要求するのが恥ずかしい内容だったので、願望として心に秘めていた内容を打ち明けると、その男性も、実は僕もしてみたいんだそれ。
となって、私たちはその話でイメージエッチをするようになりました。
テレビ電話で実際に声を聞いて目で見てオナニーの見せ合いもしました。
それが快感になってしまって、週に一回は必ずテレビ電話エッチをしました。多いときは週に三回したこともあります。
だんだんと二人の欲求は増して行き、内容もハードになってきました。
最初は、教師と生徒の淫らな関係とゆう設定でエッチしたり、先生と患者のお医者さんプレイや、店長とバイトがレジでお客さんを相手にしながらカウンターの下ではいやらしい事をしている。とゆうような内容でした。
テレビ電話では限界があり、お互い我慢の限界で、実際会ってみる?となりました。
やはり、私には少し抵抗があり、誤魔化し誤魔化し引き伸ばしていたのですが、
彼が会いにいくよ!とよ時間もかけて私の住む街まで来てくれて、一緒にご飯に行きました。
ご飯の味など分からないほど、ムズムズ感と緊張が襲いました(笑)
その後少しお酒の力をかりて、ラブホテルにいき、今までテレビ電話でしていた内容を実現させました。
とても表せないほどの快感でした。それ以降テレビ電話でのエッチと月に一回の実際会ってのエッチと続いて居ます。セックスフレンドには大胆になれるものなんですよね(笑)

25歳、女性、派遣社員

変態大国ニッポン





△ 目次に戻る

出会い系サイトで知り合った女性と大人の関係になった話



私は出会い系サイトを利用して知り合った女性と大人の関係になった事があります。

今回はその時の経験などについて書いてみたいと思います。

自分で言うのもアレですが私は少し変態で人妻や他人の彼女に興奮する事が多々あります。

前々からそういった方とエッチしてみたいと思っていました。

そこで思い切って出会い系サイトを利用してみることにしました。

人妻や彼氏持ちを募集していると何人かの女性と知り合うことができました。

その女性の中でも特に気の合う方とよく話すようになりLINEなどで通じて毎日のように話していました。

色々と話している中で彼女が人妻であることや旦那さんと上手くいってないということが分かりました。

ある時「俺って人妻が大好きな変態なんだよ」と言うと彼女の方から「今度どこかで会ってみない?」と誘われました。

これはチャンスと思ったのでOKして会ってみることにしました。

実際に会ってみると彼女は自分好みの美人で巨乳な女性でした。

内心ではラッキーと思いながらとりあえず食事に誘いました。

食事をしながら会話を楽しみ良い感じになったところで彼女をホテルに誘ってみることにしました。

彼女がOKしてくれたのでそのままホテルへと向かいました。

部屋に着くなり彼女を後ろから抱きしめてキスを始めました。

軽いキスからだんだんと激しくなっていき舌を絡ませながら貪り合うようなキスをしました。

後ろから胸を揉みながら膣に指を挿入して手マンをすると彼女は感じていました。

「旦那さんとはどんなエッチしてたの?」と聞くと背徳感があるためか特に興奮してしていました。

十分に濡れていたのでお互いに服を脱ぎ本番を始めました。

正常位から始まり後背位・騎乗位と体位を変えながらエッチを楽しみました。

相手が人妻という事もあって興奮していたのでとにかく気持ちよかったです。

エッチ後な一緒にお風呂に向かいイチャイチャしながら入りましたが我慢できずそこで2回戦を始めました。

それからも少し休んではエッチをやりまくりました。

その後も彼女との関係は継続していて今でも定期的に会ってはエッチをしています。



【完全無料】ちょっとHな人妻倶楽
↓↓↓↓↓



△ 目次に戻る


←PREV (変態とはどんな人のことをいうの?) | (結婚前にいい出会いを求めています) NEXT→

top