両方の穴に入れてガンガンに突かれる

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




私がサイトで出会った男性はちょっと変態な趣味があります。私自身そんな変態というような趣味はなかったのですが、その男性にどっぷりハマっているため変態的なこともどんどんしています。私それまでバイブを使ったことがありませんでした。どちらかというと機械を体に入れるなんて。と思っていました。サイトで出会いがあった男性がバイブを持ってきて使いたいと言いました。私はしぶしぶ了承し、入れてみるともう気持ちよくてたまりません。男性もそれに気付いたのかバイブをすぐに抜こうとしました。私は気持ちよ過ぎて「お願いだからバイブを入れて。」とお願いしました。男性はにやりと笑い「バイブを入れてほしかったら、後ろの穴に俺のものを入れさせろ。」と言ってきたのです。私はびっくりしましたが、どうしてもバイブを入れたい私はうなずきました。男性は自分のものにゴムをつけ何かを私の後ろの穴に塗りました。私はそんな体験をしたことがないので恥ずかしくて仕方ありませんでした。そして約束通りバイブを入れてくれたので、気持ちよくて恥ずかしいなんて忘れていました。私がバイブで喘いでいる時に男性は私の体を転がして横へ向けさせました。そして一気に後ろに穴に挿入したのです。私は後ろの穴に男性のものを入れたら痛いかと思っていましたが、何か塗ったおかげでぬるっと入ってきました。すると今まで冷静だった男性が私のおっぱいを揉みながら「あ~、気持ちいい。お前のに入ってるバイブの振動が俺のものに伝わってくる。」と言いガンガン突いてくるのです。私はもう気持ちよ過ぎて何が何だか分からなくなり、男性に突かれるままでした。男性はすぐにイッてしまいました。疲れ切った私をやさしく抱きしめ「こんないい出会い初めてだよ。」と言ってくれました。その男性とは今でも続いています。
23歳 会社員


【完全無料】変態さんいらっしゃい!


▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|27歳まで処女だった私が、ネットで知り合ったお見合い相手と・・

  2. 変態出会い|変態な出会い体験談について





変態出会い|27歳まで処女だった私が、ネットで知り合ったお見合い相手と・・



「貴方は結婚適齢期なんだから少しは慌てなさい」と母親に叱られ、半ば強制的に進められた、とあるネットサイトを通じて出会いを実現したお見合いを通して、私は人生初の旦那を持つ事になったのです。

この出会いは、私自身が予想していなかった事を目覚めさせるのですが、とにかく当時27歳でお見合いを通して知り合った現在の旦那に、3回目のデートの時に処女を捧げ(・・ホント・・遅いですよね・・(笑)・・)、それ以降は交際の度に体を重ねていくうちに気持ち良さが高まり、やがて4回目の体験の時に、とうとう女としての最高の、そして殆ど変態的な気持ち良さを手に入れる事が出来たのです。

それは、いつもの様にデートで入ったホテルの中で2人仲良く結ばれていた時、旦那のアソコが私の中に入った状態で、ふと何を思ったのか旦那の人差し指が私のお尻の穴の中にゆっくりと入って来たのです。

「・・えっつ・・ちょ・・ちょっと・・」と、最初は少しビックリしましたけど、結ばれた状態でキスをされながらアソコが私の中で激しく暴れまわっている状態だったので、お尻の中に旦那の指が入って来ても「・・ん・・んああ・・」「・・う・・うわああ・・」と喘ぐばかりで、私はどうする事も出来ず、旦那のされるがままになってしまったのです。

やがて旦那の人差し指が全て私のお尻の中に入り、お尻の中をグリグリとかき回した瞬間、私の体全体に激しい電気が走る様な衝撃が私を貫き、私は思わず「・・は・・はあああああ・・な・・なに・・す・・すごい・・」と叫んでしまったのです。

それに気を良くした旦那は、私を抱きしめながらアソコと人差し指のピッチをスローにしたり、アップテンポにしたりしたので、私はますます「・・はうう・・いい・・す・・すごいい・・」「・・やああ・・こ・・これ・・す・・すごいいい・・」「・・あうう・・あん・・いい・・」「・・はあああ・・い・・いい・・き・・きもちいい・・」「・・も・・もっと・・もっとちょうだい・・」と我を忘れて叫び狂い、やがて「・・あうう・・い・・いく・・もう・・いっちゃう・・」「・・は・・はあああああ・・」と絶叫した瞬間、アソコが急にカーッと熱くなり、そのまま「・・はうう・・」と言って、ベットの上で動かなくなってしまったのです。

暫くして目が覚めると、隣で旦那も一緒に寝ており、その後で再び一緒に目が覚めた瞬間、何と私のアソコの辺りのシーツがオシッコを漏らしてしまったのか、凄くビッショリになっていたのです。

思わず旦那が「・・お尻の穴・・良かったみたいだね・・凄くたくさん噴き出していたよ・・」と言ったので、「・・やああ・・変態・・」と私は顔を赤くしながら旦那に抱き付いて、私から激しいキスをしたのです。

こんなにも恥ずかしい身体の事を知られ、開発されてしまった以上、この人と一生付き合って行こうと思い、3か月後のプロポーズを受け入れ、あの時、恥ずかしい事をしてしまった瞬間に授かった新しい命と共に新しい生活が始まったのです。

あれから7年が経った今でも、エッチの時は旦那と一緒に、あの行為を楽しんでいて、旦那も私の反応が可愛くて仕方がないのか、今でも凄く私の事を愛してくれています。

年齢 34歳    職業 公務員(小学校教師)


【完全無料】変態な出会いはココ





△ 目次に戻る

変態出会い|変態な出会い体験談について



私はかなりの変態です。普通のプレイでは満足できない私は、出会い系を中心に女の子と変態プレイをするために日々遊んでいます。
私はワクワクメールで出会い、そして会った一人の変態好きな女の子がいます。
その女の子は22歳の由美子です。
私は由美子と自宅で変態プレイをすることが楽しみで仕方ありません。
私は由美子のあそこの毛を剃毛してパイパンにするのが大好きです。
パイパンにすればオマンコが舐めやすくなることもありますし、私をより興奮させてくれます。
由美子のオマンコはとてもキレイで無臭です。
私は由美子のオマンコが何よりも気に入っています。
私は由美子に言葉攻めをすることも好きで、由美子とシチュエーションプレイで言葉攻めをして楽しんでいます。
由美子はかなりの変態なこともあり、たくさん言葉攻めを要求します。
私は由美子とのシチュエーションプレイで会社の先輩と後輩の設定で変態プレイをするのが好きです。
私が会社の先輩約で、後輩の由美子にセクハラや卑猥な言葉をたくさん言って攻めます。
由美子はそれに恥ずかしがりながらも喜ぶ変態な女の子なので、過激な言葉をたくさん言います。
そして由美子を玩具を使用して潮吹きさせるのが好きな私は、バイブと電マで由美子を攻めるのです。
由美子のあそこはあっという間に洪水となるのです。
私はそのグチョグチョになった由美子のあそこにチンポを挿入するのが興奮します。
これからも由美子とたくさんオマンコしていきたいと思っています。
31歳フリーター


【完全無料】変態の扉を開ける


△ 目次に戻る


top