ちょっと変態なエッチをしたため彼氏とエッチできるか心配

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




私は男性に手を後ろで縛ってもらい、後ろから挿入してもらうのが夢でした。そのため彼氏にそれをお願いしたところ「変態じゃああるまいし。」と笑って断られてしまいました。しかし私はどうしても諦めることができなくて私の夢を実現させるべくサイトで出会いを求めました。サイトにはいろいろな男性がいて私の夢に賛同してくれる男性もいました。その中から一人の男性に絞り実際に会いました。条件を提示していることにより男性の方が気を利かせてくれて縛るものを何種類か持ってきてくれました。私は犯されている感が欲しかったのでよりリアルなネクタイで手を縛ってもらいました。もう、この時点でエッチすることを想像して濡れまくっていました。男性が、「じゃあ、バックから入れるよ。」といい挿入しました。私は夢が叶ったことでうれしいのと気持ちいので我を忘れて喘ぎまくっていました。男性は「そんな風には見えなかったけど少し変態っ気があるんだね。」と笑いながら腰を振ってくれました。すると、「こんなプレイは好き?」と言いながら、いきなり私のお尻を叩いてきたのです。私は少し痛くて「痛いっ」と言いましたが、同時に男性が「あ、締まる。すげー締まってる、締まりいいね。」と言ってきました。私としてはそんな意識はなかったのですが、痛いと思ったためぎゅっと中が締まったそうです。男性は締まったことが気持ちよかったのか何回かパンパンと叩いてきました。そのたびに私が締まるようで男性は中でイッてしまいました。こんなプレイと出会いこれから彼氏とのエッチがつまらなくなり怖いです。
24歳 会社員


【完全無料】変態だよ♪

▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|夢に見た3Pを経験したくて出会い系を利用

  2. 変態出会い|目隠しバイブプレイが好きな変態女性と出会いました





変態出会い|夢に見た3Pを経験したくて出会い系を利用




以前からずっと興味があったのですが、実際に経験する事が中々できなかったことがあります。
それは3Pです。

この変態が、なんて言われそうな気がしますが、そのような事を考えたことのある殿方はたくさん知ることでしょう。
ただ、それを実際に行動に移すかどうかが問題なわけですよね。

どうしても3Pを経験したいと思い、どのように行動すれば良いか悩んだのですが、よくよく考えると簡単な話でした。
今の時代、出会い系を使えば簡単なことですよね。

出会い系でお相手の募集を掛けてみると、意外とすんなり見つかりました。
正確に言うと4人が良かったようなのですが、まあ一応それでOKしてくれました。

その子たちは、スワッピング希望というかなりの変態たちです。
いつも出会い系で相手を探しているそうで、結構経験を積んでいるとか。
何がそんなに楽しいかと聞くと、入っている感触を楽しむというか、一度に違う快感を覚えたいそうな。

何かベテランだなと思いつつ、じゃあ一人じゃ物足りないのと聞くと、ホントはねとのこと。
仕方ないから二人分頑張るよというと、当たり前じゃんと言い返されました。

さてホテルへ着くと、何から始めるのかと思いきや、早速レズ風の行動が始まりました。
二人でキスを始めたので、そこへ割って入ろうかと思いましたが、1人の後ろへ回り込み胸を揉むことに。
そして1人だけ服を脱がせ、二人で思い切り攻めます。

とりあえず時間をかけ指だけで昇天させ、二人目に取り掛かります。
そしてもう一人も同じく昇天させると、今度は私の番です。
そこからはまあ忙しかったですね。
結局一人づつ中に出してあげましたが、疲れたのなんの。

正直、変態相手はもうこりごりです。
エッチは二人で楽しんだ方が、何となく濃密な時間を過ごせますね。


32歳、会社員


【完全無料】素敵な女性には変態が多い!




△ 目次に戻る

変態出会い|目隠しバイブプレイが好きな変態女性と出会いました



私は直ぐにエッチが出来る女性を見つけようと、出会いサイトを使いました。
かわいい子はいないかとしらみつぶしに探していたら、私好みのかわいこちゃんを見つけたのです。
他の男に取られては大変と思い、直ぐに彼女に連絡をしました。
そして彼女と会って話をしている内に、とんとん拍子に事が進み、彼女とエッチが出来る事になりました。
かわいこちゃんとエッチをするのは久しぶりだったので、エッチをする前から私のテンションは上がりまくったのです。
それでいざ、ラブホテルの部屋でエッチを始めようかとした所、彼女が持っていたカバンから色々とモノを出してきたのです。
私は何かなと思っていたら、徐に彼女はタオルで目隠しをし始めました。
それからベッドに仰向けに寝て、カバンの中のグッズを私に使って欲しいと頼んできたのです。
グッズは形状こそ違えど皆バイブで、それを使って自分のアソコをいじめて欲しいと言って来ました。
私は唖然としてしまいましたが、彼女の言う通り、様々なバイブで彼女のアソコをいじめてあげたのです。
彼女はそれで喘ぎ声を挙げ、体をよじらせながら気持ちよさそうにしていました。
私はそんな彼女の姿に欲情してしまい、息子がビンビンに経ってしまいました。
しばらく経つと彼女が「早く入れてというので」、私の息子を思いっきり入れてあげたのです。
そして力いっぱい前後運動をして、彼女の中に白い欲望を吐きださせてもらいました。
私は目隠しバイブを楽しむ変態女性と出会い、未知の快感を味合わせてもらったのです。
その後彼女は私にも目隠し変態プレイを体験して欲しいと頼んで来たので、試しにしてみました。
目隠しをされていると何をされるか分からないので、いい意味で不安になり、それが一味違う興奮を味合わせてくれました。
初めは彼女の事を変態だと思っていましたが、自分も彼女と同じプレイをして楽しいと感じたので、自分も変態であることを自覚するようになったのです。

「20代|派遣社員」


【完全無料】変態ですヨ!全員集合!



△ 目次に戻る


top