出会い系で知り合った巨乳OLとの変態プレイ

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




今回は出会い系サイトで変態の女性との出会いを求めて性欲を満たしたいと思っていました。
やりとりを進める女の子で変態なことならなんでも好きと言ってくる子がいて会うことにしました。

彼女は23歳のOLでした。
美人系の顔立ちでなんといっても服からでもわかるその巨乳が特徴的です。
会った瞬間からこの巨乳で変態プレイをしたいと思いました。

彼女も僕と会ってからすぐに物欲しそうな目で見ています。
彼女にとってはよほど気持ち悪いじじいでなければ大丈夫なのでしょう。
いえそんなじじいですら彼女にはご褒美なのかもしれません。

僕は変態プレイといってもSMくらいにしか興味はありません。
彼女はどMだということを言っていたのでさっそくラブホテルでSMプレイをしに行きます。

彼女をロープで縛りまずは彼女の巨乳周りをロープで縛って堪能します。
「こんないやらしい巨乳しやがって。誘ってんのかおい」とロープを引きながら巨乳をゆすります。
「決してそんなことは。ご主人さまの仰せのままに何でもさせていただきます」
彼女は早くもどM女になりきっています。
彼女を手かせ足かせで拘束し、指挿れをして彼女のアソコを濡れさせます。
「あああぉ気持ちいぃ、もっともっとお願いいたしますご主人さまぁぁぁ」
でもそんなに簡単にイカせたりはしません。
たっぷり焦らしプレイを堪能しながら、彼女を感じさせると、もう彼女はちょっと触っただけでも身体をしならせるくらい敏感になっていました。
そして彼女を目隠しして足かせを取り、後ろ向きにさせると、いつ挿れられるのか彼女にはわからないようにアソコまわりをいじり倒します。
「あぁぁ、ダメです・・もう触られただけでイキそうです・・」
実際彼女は本当にそういう状態かもしれません。
本当にイカれてしまっては困るので彼女の奥に強引に挿れます。
最初から彼女のアソコは奥まで吸い付くように僕の肉棒を吸い取り、締め付けています。
「いい締りじゃねえか。ほらお望みどおりやってやるよ」
「あぁぁご主人さまのこんなに大きな肉棒でイカせられるなんて私は幸せものです」
もう彼女の言葉よりもこの吸い付きの良いアソコに僕は気持ちよさでイカせられそうになっていました。
それからはもう彼女の言葉などに耳をかさずにただひたすら腰を振り続けます。
でももう彼女は1分も経たないうちに大きな叫び声をあげて絶頂に達しました。
イキそうになっていた僕もなんとか耐えて、彼女の背中に大量の白い液を発射しました。
「あぁぁご主人さまにイカサレてこんな幸せなことはございません」
彼女は最後までどM女を演じていました。

そんな彼女とはそれからも一緒に変態プレイを続けています。
僕もなんでも好きという彼女にSMプレイ以外に今度は何をしようか迷っているところです。

「23歳|フリーター」出会い


【完全無料】変態たちの集いの場


▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|サイトで出会ったど変態な彼

  2. 変態出会い|出会い系のSM掲示板で知り合ったCAとのコスプレセックス





変態出会い|サイトで出会ったど変態な彼



私と彼との出会いは、出会い系サイトでした。
出会い系サイトというのは基本的に男性は料金を支払う必要があるんですけど、女性の場合は無料で使える場合がほとんどなんですよね。
だから私は暇つぶしの意味もかねて、出会い系サイトで大人の関係を築ける相手を探していたんです。
なぜ私が大人の関係を築ける人を探していたかというと、私が既婚者だからです。

ああいった出会い系サイトって基本的に体目当ての変態さんしかいないんですよね。
まぁ私にとってはそっちのほうが好都合だったので問題はなかったんですけどね。

そんなサイトで今の大人の関係を築いている彼と出会ったのは、サイトを使いはじめてから3か月くらい経ったときのことでした。

彼もそれまでサイト内でやり取りしてきた男性と同じように普通の変態だったのですが、ちょうど住んでいる場所が近かったので、私は初めてサイトを通じて男性と会うことにしてみたのです。

彼とサイトで約束をして、実際に会ってみると彼は言葉たくみに私を誘導してあれよあれよという間に私をラブホテルまで誘導していました。

彼はサイトの中でも言っていたのですが、本当にど変態で私が旦那としたことのないようなプレイをいくつも要求してきました。
最初は正直少し引いていたのですが、気付くと彼とのセックスの虜になってしまっていました。
今では月に一回必ず彼と会っているのですが、それが楽しみで生きているようなものです。

誤解されるとこまるのですが、もちろん私は彼のことを好きになっているわけではなく、あくまでその場限りの関係と割り切っています。


【完全無料】変態だよ♪




△ 目次に戻る

変態出会い|出会い系のSM掲示板で知り合ったCAとのコスプレセックス



今回は出会い系サイトのSM出会い掲示板を利用してSMを楽しもうと思いました。
SM掲示板はSMが出来るなら結構すんなりヤレるのでそういう気分になった時には利用しています。
今回の女の子もそんな子で自分はCAです、と言っています。
証拠としてCAの服を持ってくることを条件に会うことにしました。

彼女は27歳でした。しかもCAの姿で来ていました。
「これで信じてもらえましたか?」
願ったりかなったりです。
もう話しなどせずに速攻でラブホテルに向かいました。

彼女はいかにもCAの美人顔でCAの制服からいやらしい胸とお尻がパンパンに張り付いています。
僕はもう変態プレイなどどうでもよく、このCA姿の彼女とこのままの服装でヤりたいと思いました。
彼女もどMなのでロープなど使わなくても満足ですと言っています。

さっそく彼女の上着のボタンを外し、服は一切脱がさずに彼女の巨乳だけを表に出します。
シャツに食い込んでいる巨乳は窮屈そうに姿を現し、いまにもボタンが取れそうです。
まずはそれを堪能しようと巨乳に顔をうずめ、その突起をむさぼるように愛撫します。
彼女はそれだけでいやらしいよがり声をあげています。
変態ならではのいやらしい声をあげる彼女に「最初からそんなに感じているのか。欲求不満なのか?」
「そうでございますご主人さま。もう1年も自分で身体を慰めていました。今日はご主人さまに出会えて興奮しております」
もう彼女は妄想全開で僕にどM言葉で話しています。

そしてパンパンのタイトスカートをたくしあげると、彼女のいやらしいTバックの下着があらわになり興奮します。
「いい心がけだ。いつもこんな下着を履いて仕事しているのか?」
「はい。最近はこれを履くとフライトの最後にはアソコはぐちょぐちょでございます」
「いやらしいやつだ。そういうやつにはお仕置きだ」
そういうと僕はTバックの奥にある汚いアソコに肉棒を突っ込みます。
「あぁぁ、気持ちいいぃ!こんなにすごい感触は1年ぶりでございます!ご主人さまぁぁ!」
彼女は自分で腰を振り、僕の股間にお尻を擦りつけてきます。
僕は彼女の奥を激しくかき回すように突きながら、彼女を限界まで感じさせます。
「ああぁっ!気持ちぃぃ!イクぅぅっ!イッちゃうぅぅっ!!!」
彼女は大きなよがり声を叫んで絶頂に達しました。

「感じた?」
「はい。今日は素敵な夜をありがとうございました」彼女は僕の腕の中で余韻に浸っています。

それからも彼女のCA姿でコスプレを楽しんだりSMプレイを楽しんだりしています。
こんな綺麗なCAの子とSMプレイを楽しめる充実した?日を過ごしています。


「21歳|大学生」


【完全無料】素敵な女性には変態が多い!




△ 目次に戻る


←PREV (ちょっと変態なエッチをしたため彼氏とエッチできるか心配) | (お台場の隠れスポットで女と変態プレイ) NEXT→

top