出会い系で、新しい体験

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓



何年か前に出会い系サイトにハマっていたことがあるのですが、その時に、新しい体験をさせてもらいました。どういう事かというとですね、その出会い系サイトで出会った女性というのが、少々アブノーマルというか、いわゆる変態チックな嗜好のある方だったんです。そしてその女性と、いろんな体験をすることになったのです。その女性が特に私に求めてきたのが、お尻の穴を使った性行為です(あ、ちなみに、女性のお尻を使うわけですよ。
私のではありません)。これまでの人生で、お尻の穴を使って性行為をした経験は一度もなく、そもそもやってみたいとさえ思いませんでした。仮に思ったとしても、絶対に言えないじゃありませんか。だって、女性はノーマルな性行為しか興味がないと思っていましたからね。ところがですよ、自分から進んで挿入してほしいというのですから、一瞬自分の耳を疑いましたよ。当然のことながら、その女性は挿入される度に感じていて、私としてはなんだか満足感で一杯です。
はじめのうちは、痛くないのかなあとか、変なものが出てきたりしないかなあ、みたいな心配事が付きませんでしたが、実際にやってみると、相手云々ではなく自分が気持ち良くなってしまっていました。あとねえ、時折お尻から何かよく分からない半透明の液体が出てくることもあったのですが、それに対して妙な興奮を覚えてしまった私。これは、まぎれもなく私自身も変態の仲間入りを果たした瞬間であり、なんだか一皮むけたような感覚があります。今まではお尻の穴を使うなんて、非常識だとばかりに思っていましたが、やってもみない段階で、どうのこうのと批判するのは間違っていますよね。とりあえずはやってみて、そこで自分に適しているかどうかを判断すべきなのです。
というわけで、私は完全にアナルに目覚めてしまい、その女性と別れた後も、別の女性とも同じようにアナルファックを楽しむようになりました。不思議なもので、ほとんどの女性が最初のうちこそアナルに抵抗感があるものの、だんだんとハマっていってるんですよね。もしかすると、実はアソコ以上に性感帯だったりするのかもしれませんね。一見の価値ありです。


【完全無料】変態だよ♪

▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|変わった性癖同士の大人の関係体験談

  2. 変態出会い|あたし変態かもしれないんです。という女の子





変態出会い|変わった性癖同士の大人の関係体験談



私は普通の人とは違う性癖を持っています。
今までの彼氏には、嫌われてしまうのではという恐怖心から隠してきました。
その性癖とは、縛られて行為をしてみたい、遠隔操作が可能なバイブをつけた状態で外出させられるなど変態プレイをしてみたいというものでした。
そういう性癖を話せる相手が欲しかったのもありますが、1度だけでいいから自分の望む変態プレイをしてみたいという欲求から出会い系サイトに登録してみました。
プロフィールには変態プレイをしてみたいという事も書きました。
登録してすぐにプロフィールを見てくれた男性からたくさんのメールが届きました。
私と変態プレイをしたいという事と実際に会えますか?という内容でした。
たくさんのメールは嬉しかったのですが、初めて出会い系サイトに登録したので少し怖くて相手を慎重に選びました。
そして様々な方とメールのやり取りをしているうちに、私の性癖を理解してくれる紳士な男性に出会いました。
この男性とはお互いに会ってみたいという気持ちが芽生えたので、会う約束をしました。
この時に初めて写真交換もしましたが、想像していたよりもカッコイイ人だったので嬉しくなりました。
待ち合わせ当日は初めて会う緊張感と会ってからどんなことをされてしまうのかというワクワク感から落ち着きませんでした。
待ち合わせ場所に着くと写真で見たよりもカッコイイ彼がいました。
彼は会ってすぐに私に小さな紙袋を渡して「今お手洗いに行ってつけてきてね」と言いました。
会ってすぐに私の望んでいた変態プレイが始まったのです。
セットしてからは、2人でウインドウショッピングに行きました。
スイッチが入れられる度に驚くぐらいの快感がありました。
そして快感と同時に、自分が望んできた行為をしてもらえている満足感と幸福感でいっぱいでした。
外でたくさんいじめられた後はホテルに行って行為をしました。
行為をしている最中も「さっきスイッチを入れていた時に感じている姿を周りの人が見ていたよ。バイブをつけていたことが気づかれていたかもね。」などと言葉責めもしてくれました。
彼との行為は私の人生の中で1番気持ちよかったです。
そして彼との行為で快感を知ってしまった私は、彼から離れられない身体になってしまいました。
今でも彼とは大人の関係を続けています。
これからも彼と色々な変態プレイをしてたくさんの快感を感じたいです。


【完全無料】変態な出会いはココ




△ 目次に戻る

変態出会い|あたし変態かもしれないんです。という女の子



変態の定義って難しいですよね。まあ普通の定義も難しいですが。ことこれがセックスについてだとどこまでが普通でどこまでが変態なのかはもう訳が分かりません。
出会い系で会った29歳の女の子のお話です。
川崎駅近辺で待ち合わせ、やってきたのは黒髪のショートボブの女の子。ちょっとパフュームののっちを思わせるようなルックスです。ショートパンツからのぞく脚はちょっと太目でムチムチした健康的なそそる脚、そして少なく見積もってもDカップはあろうかという胸をシャツの下に隠しています。
個室居酒屋でごはんを食べながらいろいろと話を聞きます。彼女はなんだかいろいろ悩んでいるようで、友達には込み入った話が出来ないから出会い系でいろんな人に会って話を聞いてもらっているんだそうです。
どうやら彼女はファザコンらしく、同世代より若い男には興味がなく、あまり年寄りは嫌だけれど年上の男が好きとのこと。そして、束縛されるのが好きだと言っています。
まあ歳が11離れているので私も合格ラインだったのかもしれません。話は尽きないのでそのままホテルで話を(笑)することになりました。
ホテルで1時間くらい酒を飲みながら話をして、当然お決まりのイチャイチャが始まります。
キスをし、おっぱいを舐めはじめたあたりで彼女が、「あたし、変態かもしれません。手を縛られるとすごくエッチになるんです」と言いはじめました。
「えっ、束縛って緊縛の事?」と一瞬思いましたが口に出すわけには行きません。お望み通り浴衣のひもで彼女の両手首を縛り、頭の上に上げさせて責め始めます。
すると彼女は豹変したように喘ぎ声を上げ始めます。ちょっとMなんだろうと思い、強めにおっぱいを揉むと予定通り「あっあっ」と喘ぎ声が大きくなります。
下の方に顔をうずめ、舐めはじめると今度は「ダメっ」と言いながら腰をすりつけてきます。そして脚を大きく広げると「そんなことしちゃダメー」といっていい声で啼き始めます。
そして手を縛ったままフィニッシュ。手首をほどくと彼女は私にしがみつき、「わたしってやっぱり変態かなあ」と言いました。

40歳 会社員 男性 横浜市在住


【完全無料】素晴らしい女性には変態が多い!







△ 目次に戻る


top