変態な願望を叶えてくれる女性と出会いました

【完全無料】変態OK!

私は変態な願望を持った人間で、スクール水着を着た女性とセックスをしたいと常々思っていたのです。
彼女でも出来ればしてもらえるかもしれませんが、これまで彼女を作った事がない私には、それもかなわなかったのです。
そこで願望を実現化する為に、出会いサイトで私の願望を叶えてくれる女性を探す事にしました。
出会いサイトの中からやってくれそうな女性を見繕い、次から次へと声を掛けました。
しかし声を掛けて会ってもらっても、私の願望を話すと、皆変態の私を気持ち悪がって逃げて行ってしまったのです。
それでも私は願望を叶える為に、しつこく粘り強く女性を探し回りました。
もう何人の女性に声を掛けたか分からなくなった頃、やっとやってくれる言う女性に会う事が出来たのです。
彼女は何でも密かにコスプレセックスを楽しんでいるようで、私の願望を叶える事に抵抗を感じなかったようです。
ならば善は急げと思い、私は彼女を連れて最寄りのラブホテルに入りました。
ラブホテルの部屋に入った私は、以前アダルトショップの通販で買った、スクール水着を彼女に渡しました。
彼女はそのスクール水着を、私の前で着替えてくれたのです。
サイズが合うか心配でしたが、あつらえたかのように彼女の体にぴったりフィットしてくれました。
私はそれからしばらくの間、スクール水着姿の彼女を眺めて興奮を高めて行きました。
興奮が高まった私は彼女キスをして、さらに興奮度を増したのです。
それで十分興奮が高まった私は、彼女をスクール水着を着たまま寝かせて、体を愛撫し始めたのです。
スクール水着の上からおっぱいを揉み、その何とも言えない感触に酔いしれました。
それから私は彼女のアソコのスクール水着をずらし、割れ目に指を入れて中身の感触を楽しんだのです。
すると彼女は気持ちがいいのか「あ~んくぅっ」と喘ぎ声を挙げ、体をよじらせ始めたのです。
私のちんちんはそれに呼応するように大きく固くなったので、彼女の割れ目にそっと挿入しました。
そしてグイグイと腰を動かし、彼女の蜜で潤ったひだひだの感触を楽しみました。
しばらくすると彼女は大きな喘ぎ声を挙げて、イッテしまったのです。
その直後私にもピークが訪れたので、ちんちんを引き抜き、彼女のスクール水着に精子を発射してイキ果てました。
初めてしたスクール水着セックスは予想以上に楽しく、私は生きている事の喜びを感じました。
彼女とはこの後もスクール水着セックスを楽しむようになり、変態な欲望を如何なく発揮できています。

「30代:会社員」

【完全無料】変態の扉を開ける


▽ 目次 ▽



  1. 変態パートナー探しこそサイトを使って真面目に出会いたい

  2. 会う時はいつも彼女はノーパンです





変態パートナー探しこそサイトを使って真面目に出会いたい



あなたは、自分の「変態性」に気づいていますか?
また、パートナーの「変態性」に気づき理解してあげていますか?

人間だれしも多少の変態性は持ち合わせていると思いますが、多くの場合交際相手や結婚相手とその価値観を共有できずにいると思われます。

私もそうですが、一般的な出会いの形においては「好かれたい、嫌われたくない」の思いが強く働きますのでアブノーマルな自分の姿を積極的にさらけ出すことはありません。

しかし、交際が長く続けば続くほど我慢を続けることが苦痛になり、本当の自分の姿を知ってほしい、受け入れてほしいという思いが強くなるものです。

ところであなたは、「出会いサイト」についてどんなイメージをお持ちですか?

世間一般にはあまりポジティブなイメージを持たれていない出会いサイトですが、実はとても効率良く望んでいる相手と出会えるツールなんです。

「変態の彼女(彼氏)が欲しいから紹介してほしい」
「変態を集めて合コンをやろう」
「変態をナンパでゲットしたい」

可能性はゼロではないかもしれませんが、ちょっと望みは薄いですよね。

では、出会いサイトだとどうでしょう。
誰にも自分の知られたくない情報は知られずに、一番知ってほしい「変態」の部分を知ってもらった上でパートナー選びをする事が出来ます。

私は「誰かに見られるかもしれない」状態でのセックスでしか興奮出来ないのですが、出会いサイト以外で同じ性癖を持ったパートナーと出会った事がありません。露出の趣味自体がハイリスクですから。

それだけに同じ性癖のパートナーと出会えた時はお互い最高に高まりますし、貴重なパートナーであることを理解しあえていますからお互いを尊重し合えるので関係性が長続きします。

自分の変態性を理解されず、馬鹿にされたり真面目に向き合ってもらえないのはつらい事です。

アブノーマルプレイを心おきなく楽しむためにも、出会いサイトを活用したパートナー探しは有力な選択肢であると私は思います。




△ 目次に戻る

会う時はいつも彼女はノーパンです



日常の生活には満足しているのですが、やはり刺激が欲しくて出会い系のサイトに登録しました。自分が既婚者なので、割り切ってセックスできる相手を探していたのですが、独身の女性だと、セックスするまでのフォローや事後のフォローがめんどくさいことは体験済みだったので、割り切った関係になれやすい人妻をターゲットにしました。出会いを求めている人妻は意外と多いのです。出会い系を見れば半分は人妻なんではないかと思うぐらいです。ただ正直当たり外れもかなりあるので、かなり吟味する必要はありますが。
そこで知り合ったのは42歳の人妻でした。自分としても40代の性欲は半端ないということを聞いたことがあっても、実際に試したことがなかったので、かなり興味津々でした。初め会った日はお茶をして別れましたが、2回目の時は最初からホテルに行く約束でした。一見清楚な出で立ちなので、彼女がベッドではどれだけ豹変するのかはさっぱし検討がつかず、逆にとても楽しみでもありました。ホテルに入ってエレベーターでキスをしたときから感じすぎて、外に聞こえるんじゃないかというぐらいの声を出してきました。部屋に入ってそのままベッドに押し倒したときは、顔が完全にメスの顔に変わっていました。それからは一気にお互い戦闘モードに入ったのですが、すぐにわかったのは彼女は外見からはまったく想像がつかないスキモノだったということです。フェラを始めると、やめてといってもやめません。1回戦が終わってもすぐにお掃除フェラをして2回戦をはじめようとします。身体の相性はいいと最初からわかったのですが、自分でも思った以上の変態っぷりに、正直出会い系でもこんな女性に出会えるのかと感動してしまいました。それからは月に2回は会うペースで、いつも会うとすぐに近くのホテルに直行します。彼女はすぐに濡れるようで、最近は会う時は最初は常にノーパンで来ます。そんな彼女を言葉攻めするだけで感じてびしょ濡れになっています。まだまだ変態の開発の余地はあると思うのでこれからも楽しみです。

35歳 会社員

【完全無料】まず私の本性を見てください…



△ 目次に戻る


top