顔はブスでもエッチのテクは最高な彼女

【完全無料】変態なら即OK!

結婚して10年も経つと妻とのエッチもマンネリ化してき、エッチが夫婦生活から遠のいていき、もういつ前にしたかわからないぐらいのレス状態になってしまいます。いつまでも1人でやるのもむなしいので、久々に外に出会いを求めることにしました。独身時代はかなり出会い系にはお世話になったのですが、結婚してからは一応足は洗っていたので、約10年ぶりの参戦でした。女性のプロフィールを見ると、かなり病んでいるのがわかる人や、具体的なプレイの希望を書いている、ちょっと変態な感じの人など様々です。この中であたりの女性を見つけるのはかなり至難の業です。自分は勝手にライバルが少ないと思われる50前後の女性をターゲットにしています。この世代の女性は登録者も少ないのですが、感覚的に会える可能性が他の年代より高いと思います。恐らく男性もその年代をパスする人が多いからだとは思います。そんな中で出会ったのは49歳の人妻でした。会うまでに話は下ネタでもかなり盛り上がって、自分のおっぱいの写メを送ってくるような人だったので、相当な変態だなと思いながら、会ってどんなエッチになるのかかなり楽しみにしていました。
会う当日に待ち合わせ場所に行くと、そこにはその女性が立っていたのですが写メとは明らかに違います。簡単に言うと写メの写真からプラス40キロ大きくした感じの、ただただ横にでかい女性でした。そのまま帰ろうかとも思ったのですが、オナニーを今日のために1週間我慢していたので性欲に負けて声をかけてしまいました。そうなるともうあとはいかに人目につかずホテルに入ってエッチをすることしか頭にありません。まさに出会って3分後にはホテルに入っていました。
ただ、だてに歳をとっているわけではなく、全てのテクは一級品でした。悲しいかな3回もいかされてしまいました。最中に彼女の顔は極力みないようにしていたのですが、身体の反応は彼女のピンポイントの攻撃によってビンビンに反応してしまいました。今悩んでいるのは彼女と次会うかということです。確かにエッチは最高なのですが、顔と身体は受け付けられないレベルなので困っています。

40歳会社員

【完全無料】変態大好き♪

▽ 目次 ▽



  1. 卑猥な部分をアピールしたがる変態女性との絡み

  2. 普通の恋愛では満足できない私





卑猥な部分をアピールしたがる変態女性との絡み



街中を歩いていても、誰が出会いサイトの利用者であるかは見当がつきません。しかし、私が出会い一夜を共にした女性は一目見た瞬間にエッチ目的で外を出歩いているとわかりました。ノーブラで私を待っていたからです。
割り切った関係を希望して登録したサイトで清楚な印象を醸し出す顔写真を公開していた女性がいたので、裸体を見てみたくなりました。その女性こそが、ノーブラという変態的な格好で外出していた張本人なのです。
女性は紳士的な対応ができる男性と遊びたい希望を伝えてきたのに、相手の性欲を増す格好をしているのはズルイと感じました。変態的な相手には相応の対応がベストだと思った私は、軽く自己紹介してから乳首について感想を述べます。ツンと尖っていて茶色の色素が目立つ卑猥な感じが好きだと伝えたら、何故か喜んでもらえました。過去に会った男性は見て見ぬフリをしていて、ひどく退屈だったようです。性格の相性が良いと感じた瞬間です。
ノーブラで商店街を歩く女性と手を繋いでいる私は、恥ずかしい気持ちになりました。もしも乳首の形に気づいた人がいたら、私が女性に命令してノーブラにさせていると勘違いされると思ったからです。そんな性癖はありませんでしたが、恋人ができたら試してみたいプレイだと思いました。飲食店で海鮮丼を楽しんでから外に出ると遠目にホテルが見えたので、そこを目指して二人で歩き始めました。
ホテルの入り口付近で、楽しんだ直後のカップルと出くわしたときのことです。こちらを凝視していた彼らは、私と遊ぶ予定の女性がノーブラであると見抜きました。すれ違いざまには、羞恥プレイを楽しんでいるようで羨ましいと男性が言いました。やはり周囲からは私が女性に指示していると思われているようです。そんなことを気にする素振りを見せないノーブラの女性に導かれるまま、部屋に向かいました。服の上から乳首を触ったりする愛撫に興じていると、ベッドの上で女性からタックルを受けます。焦らされるのは苦手だと言われ、二人とも服を脱ぎ捨ててから肌を密着させました。

28歳|大学生

【完全無料】アブノーマル願望アリだょ♪




△ 目次に戻る

普通の恋愛では満足できない私



私は普通の恋愛に飽きています。
自分でいうのもなんですが私は若いころからモテていました。
頭がよく教養があるのでそれなりの男性が寄ってきてくれました。
しかし、ある程度恋愛に慣れると恋愛をするのがつまらなくなりました。
元々飽きっぽいのもあるのでしょう。
彼氏の人数が10人目を超えてから相手に対してドキドキしなくなりました。
面倒になり私は彼氏を作ることをやめました。

それから数年後、就職してから同僚が出会い系サイトをしているとウワサがありました。
出会い系サイトを利用するなんて今時珍しくありません。
ですが、私はその同僚が出会い系で知り合った女性と変わった恋愛をしていると、ある日飲み会の席で知りました。
同僚はいわゆる不倫をしていました。
相手の女性には夫がいたのです。
こちらもよくある話です。
しかし、なんとその同僚は女性にだけでなく女性の娘さんにまで手を出していたのです。
セックスをするときも3Pですることが多いと言っていました。
私は驚きました。
変わった恋愛というか変態の彼に興味がわきました。
そこで出会い系サイトについて同僚から教えてもらい、登録しました。
普通の恋愛を求めていなかった私は、あえて自分を変態だということにしてプロフィールを作成しました。
私の顔写真が良いのもあるのでしょう。
登録後、数時間で予想以上にたくさんのメッセージをいただけました。
その中からSMプレイが好きだという中年男性に私はひかれました。
ひかれた理由はもちろん今までに未経験の恋愛ができると思ったからです。
私は自分より一回以上離れている男性との恋愛経験もありません。

それから何度かメッセージのやりとりをして彼と会うことになりました。
私の予想通り、彼は茶髪で年齢のわりにチャラチャラしていました。
これは期待できると思いました。
早速私たちはその日のうちにホテルに行きました。
彼は私の予想予想以上のプレイをしてくれて、とても良かったです。
私は今彼と時々会って様々なプレイを楽しんでいます。
最近SMプレイも覚えたので、変態プレイにもはまりそうです。

25歳 事務職


【完全無料】アブノーマルプレイOK!



△ 目次に戻る


top