羞恥心は性欲を高めるためのスパイス

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓



私がちょうど、社会人1年目の時に、初めて出会い系サイトを使って、女性と関係を持つことが出来ました。当時は日々仕事に追われていましたからね、遊ぶ時間は全く、よって性欲の方がマックス状態。しかも、遊んでいないもんだから、お金の方は結構余裕があったわけでして。というわけで、思い切って出会い系サイトに挑戦してみることにしたのです。さて、最初のうちは、(出会い系サイトを利用するのが)初めてという事もあって、なかなか上手くいきません。だけども、徐々にコツをつかんでいき、見事一人の女性と関係を持つまでに至りました。さて、その時出会った女性というのが、実はかなり年上の方でして、当時私が23歳だったのに対して、相手はなんと40歳。だけども、見た目はビックリするくらい若いんです。そうですねえ、パッと見では、27,8歳くらいに見えるでしょうか。いずれにしましても、とてもじゃありませんが、40歳には見えないんですよね。しかもね、その方が一風変わった性癖の持ち主でして、単刀直入に言うと、ド変態なんです。例えば、ノーパンノーブラでデートをしたり、大人のおもちゃを付けたまま外を出歩いたり、お尻(の穴)を使ったプレイをしたり、SM系の道具を使ったり、とまあ本当にビックリするくらいの変態嗜好の持ち主だったのです。もちろん、最初は私もびっくりしましたよ。だけどね、プレイを重ねていくにつれて、それがスタンダードとなってしまい、いつの間にか私も同類となっていました。そんな中、個人的に一番思い出に残っているのが、コスプレであります。コスプレなんて、今の時代誰もがやっているアクティビティですからね、何を今更、と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。実はね、今回は、相手の女性に、めちゃくちゃ若い格好をしてもらったんです。先ほども言いましたが、相手は40歳。そこにあえて、セーラー服のような、めちゃくちゃ若い格好をしてもらい、そのまま外を歩いたわけなんです。これがねえ、人に見られる恥ずかしさと、年齢に見合わない格好をしている羞恥心とが彼女の表情から見て取れて、それを見ているととんでもない昂ぶりを覚えるんです。で、そのまま、街をぐるりと歩いた後、自宅に戻って一戦交えるわけなんですが、いやあ、いまだかつてない、非常に満足のいく結果が得られました。羞恥心というのは、性欲を高めるための、素晴らしいスパイスであるという事をこの時知りました。

29歳|不動産関係


【完全無料】変態だよ~♪


▽ 目次 ▽



  1. かわいい彼女はホントは変態?

  2. 出会い系サイトで知り合った年上女性の性欲は凄かった





かわいい彼女はホントは変態?



彼女との出会いはサイトでした。いわゆる出会い系サイトというやつです。妻が出産のため実家へ帰省していたときでした。暇でしょうがなかった私は興味本位で出会い系サイトに登録してみました。するとすぐ、メールが来ました。「ウソ」と思いながらメールを返すとやっぱりさくらでした。こんなもんだよなと思い、それっきり2,3日放置していました。すると、一週間経つか経たないかの頃一通のメールが来ました。「またさくらかな」とも思いましたが、地元のディープな話題をふってみると、ちゃんとついてきます。「まさか、本物…?」私の胸は高鳴りました。しかし半信半疑のままとりあえずデートに誘ってみると、彼女から場所と時間を指定してきました。その日だったら都合がいいそうです。デートの当日、それでも半信半疑で待ち合わせ場所に行ってみると、彼女が現れました。「本当に出会えるんだ」ちょっとした感動も覚えながら彼女を車に乗せ、ドライブに行きました。彼女の名はリサといいました。年は私と同じだと言っていましたが、若々しくかわいらしい感じでした。年は違いますが、イメージとしては山口智子みないな。本当にかわいい子でした。ドライブしながら彼女の話を聞くと、旦那とうまくいっていないとのこと。「一緒の部屋には寝てるんだけど、最近してないんだよね」と明るく言います。私も話を合わせて「オレもしてないんだよね」と言いました。そして運転しながら彼女の手を握ると、なんともいやらしい感じに握り返してきます。コンビニにでもよろうかと車を止めると、我慢できなくなった私は彼女を抱き寄せキスをしてしまいました。嫌がる様子もなく、むしろ積極的に彼女は舌を入れてきました。コンビニで買い物をして、次に行く先はもう何も言わなくてもお互い分かります。部屋につき、彼女を強く抱きしめました。そして「お風呂に入ってから…」と彼女が言うので出てくるまで待っていました。そこで気づいたのですが、この部屋SM用の設備が整えられています。お風呂から出てきた彼女もそれに気づきました。「SMがある!」ちょっとうれしそうにはしゃぐ彼女。「こいつ変態?」今までいい印象しか持っていなかったのですが、ふと怖くなりました。でもかわいいし、やっちゃえ!SMは無視して彼女に襲い掛かると、待っていましたとばかりに声をあげました。彼女を攻めるだけせめて、攻守交代をしたとき、彼女の変態さがまた目につきました。フェラがAVなみに音を立ててむさぼるようになめるのです!「こいつもしかしてちょっとイッテル?」そんなこと思いながら、でも快感には勝てず、フィニッシュ、生で入れさせてもらいました。帰り、「また会おうね」と言われましたが、なんとなく怖くなった私はそれっきり連絡をしませんでした。でも、本当にかわいくて気持ちの良い彼女でした。

32歳 会社員


【完全無料】変態があつまるコミュニティ




△ 目次に戻る

出会い系サイトで知り合った年上女性の性欲は凄かった



当時私は営業職をしており、時間があると出会い系サイトを見てました。
私は若い娘専門なんですが、その時はめぼしい女性は見つかりませんでした。
そこでたまには年上女性にも手を出してみるかと思い、38歳の女性にアプローチしてみたんです。

プロフィールと写メをつけて送ったんですが、気に入ってもらえたようですぐ返事来ました。
簡単なやり取りをしてから、直接声が聞きたいと言われたので電話番号を交換し、直接話しました。
声は年相応、丁寧というか落ち着いた話し方をする女性でした。
彼女からすると私はイケメンに感じたようで、今まで出会い系サイトで会ったことある?モテるでしょ?って感じのことを聞かれました。

会ったことはあるけど、モテませんよ。
大体会うのは年下ばっかりでしたし、私のようなオジサンはダメなんじゃないかなって返すと、年上女性には年上女性なりの良さがあるのよ、会ってみない?と口説かれました。
あまり口説かれたことがない私は興奮してしまい、彼女の誘いに乗って会いました。

待ち合わせは大型スーパーの屋上駐車場です。
平日の屋上駐車場だとガラガラなのと、電話でやり取りしながらだったので簡単に会えました。
彼女の印象は38歳って聞いてましたが、もうちょい上の40代半ばぐらいかなって感じの外見でしたね。
スタイルは細身だったのと、色白でセレブ人妻って感じだったのでそんなに悪い気はしませんでした。
私はこの時29歳だったんですが、彼女は若い男性好きだったようでものすごく気に入られましたね。
やたらベタベタ触ってきました。
そのうち、ここだと人目がつくから二人きりになれるとこでゆっくりしようよとラブホに誘われました。
これだけ気に入ってくれてるなら悪い気もしないしと誘いに乗りました。

ラブホに入ってからの彼女は凄かったです。
シャワーを浴びるどころか、入室してすぐにキスをしてきました。
普通こういうのは男からするものですし、ビックリしましたね。
私のモノをズボン越しに触りだし、チャックからモノを取り出してフェラしはじめたんです。
私は立ってる、彼女は座ってフェラっていう状態です。
これには私も圧倒されるばかりで、受け身になってました。
私のモノが大きくなってきたら、そのままベッドに連れていかれ騎上位で一回戦開始です。
騎上位中、私の手を握ってきました。
何をするのかと思ったら、私の手を彼女のアソコまで持っていってクリを触って欲しいって言ってくるんです。
こんな変態女は初めてでした。
彼女の言われるがまま、クリを触りだすと30秒しないうちに彼女はイキました。
どうもクリが弱いようで、クリを触りながら腰を前後にグラインドさせると立て続けにいってましたね。
騎上位だけで20~30回ぐらいはイッテました。
クリを触りにくいバックではあまりイッテませんでした、それでも普通の女性と比べるとイク回数は半端なく多いんです。
そして一回目のフィニッシュを迎える時、彼女から中出しを要求されました。
生でしてるのはもちろんですけど、中出しはさすがにダメだと思いつつ誘惑に勝てず中で発射しちゃいました。

大丈夫?って聞くと、実は生理はもう上がってるから中出ししても大丈夫なの。
それまでは生でしたことなかったんだけど、生理がなくなってからは生ばかり。
生だと今までより気持ち良いし、中に出されてる時女の幸せを感じるので生中出しに超ハマッテしまったと聞かされました。
その話を聞いて安心し、二回目も生中出しでしました。
しかも生で中出しし、精液と愛液まみれの私のモノを嬉しそうにフェラしてくるんです。
ここまでする若い女性は見たことありませんし、こういう変態さは年上ならではだなって思いました。
その後も生中出しをさせてくれる彼女にハマってしまい、何度も会って出させてもらってます。

29歳 会社員


【完全無料】感じるんだ。アブノーマルなら



△ 目次に戻る


←PREV (素敵な淫乱さん) | (女性でもコレだけ性欲が強かったら大変だよなあ・・としみじみ感じた話) NEXT→

top