外国人交流サイトで知り合ったフランス人との大人な体験


最高のエクスタシー!
↓↓↓↓↓


一年前、フランス語を趣味で学んでいて、フランス人と交流がしたいと思い、外国人交流サイトに登録しました。また、当時恋人もいなかった私は、素敵な出会いも探していました。そこで、30代前半、独身のフランス人の男性からメールを頂きました。メールでは、お互いのプロフィール、語学レベル、交流の希望などについてメール交換をしました。そして、仕事帰りに食事をしながら会うことになりました。
実際に会ってみると、話しやすく、フランス語が慣れない私にも丁寧に教えてくれました。お互いにカラオケが好きということで、週末にカラオケをすることになりました。
カラオケというと密室になります。会って間もない男性と行くことにやや不安はありましたが、彼の誠実そうな雰囲気で、大丈夫だと思いました。
2時間ほど盛り上がっていたところで、隣で歌っていた彼の左手が私の腰回りに入りこんできました。気付いた時には、彼の両腕の中で歌っている形になりました。日本人男性と違い、外国人はこのような流れがとても自然でした。歌もひと段落ついたところで、彼がじっと私を見つめてきます。そして、彼がキスをしてきました。次第に舌も入れられて、長いキスでした。彼の右手が私の胸を掴み、彼の身体が熱くなってきました。彼の太ももの上に座らせられ、彼の右手は胸から股に移りました。下着の上から優しく触られます。時折、彼の股間が当たりましたが、ジーンズの上からでもわかるほど、熱くて硬くなっていました。
気持ちが良くて声が出てしまいましたが、カラオケだから漏れる心配もないため、次第に恥ずかしさも少なくなってきました。彼が仰向けになり、彼の胸の上に座らせられました。私のスカートの中に手を入れて、下着を外されました。そのまま、クンニをされてしまいました。気持ちよくて我を忘れていたところに、ふと、後ろに気配を感じました。振り返ると、入り口ドアのガラス部分から、若い男の子二人がこちらを覗いていました。彼はそれを見てさらに興奮しているようで、少しアブノーマルな傾向があるのだと思いました。ここで我に返った私は、急いで身支度をして、帰宅しました。
すぐに行為に至ったことや、アブノーマルな傾向がある彼とはもう会わない方が良いと思いました。
その後、サイトにログインしてみると、彼から再び会う誘いのメールが入っていました。しかし、出会いを目的に淫らな行為に走ってしまったことを反省した私は、未だにそのメールには返信していません。


エロな写メ【完全無料】


▽ 目次 ▽



  1. 自宅じゃもう物足りない

  2. 出会い系で知り合った人妻を浣腸調教





自宅じゃもう物足りない



以前、出会い系サイトにハマっていたことがありますが、そこで一人の女性と知り合うことになりました。その女性はバツイチの32歳なのですが、年齢以上に若く見えます。ハッキリ言って27歳、いや25歳だといっても何ら遜色がないくらいわい若々しいです。黒髪の清楚系の美人で、身長は170センチの高身長。ヒールを履けば、180センチの私と肩を並べる程の高さがあり、よくよく聞いてみると学生時代にバスケ部に所属していたそうです。
そんな容姿端麗な女性と付き合うことになったのですが、最初のうちはまあ、当たり障りのないデートをしていました。が、このところは、ちょっとアブノーマルな方向へ向かっています。というか、ドップリ浸かっています。
どういう事かというと、いわゆる野外でプレイをするようになったのです。そもそものきっかけは、公園でバスケをしていた時の事です。私の住む近所には、かなり大きな公園があって、そこにはバスケットコートも3面ほど設置されています。誰もが自由に使うことができるため、ボールさえ持っていれば、いつでもプレイできるのです。
そこで、彼女のバスケの腕前を見ていると、やたら興奮してしまいました。女性のスポーツをしている姿って、なんかめちゃくちゃ興奮しませんか?特に、バスケのような男勝りなスポーツの場合、違った一面が見れて、すごく興奮してしまいます。
というわけで、居てもたってもいられなった私は半ば強引に彼女を誘い、そのまま公園のトイレで一戦交えることに。そこのトイレは、結構広々としていて、しかも清潔。私たちのような大きな体格でも2人くらいなら十分に入ることができます。もちろん、鍵をかけましたが、すぐ外では人が行ったり来たりしている様子が、ひしひしと伝わってきて、それがまたドキドキ感を増幅させるんですよねえ。
さて、終わった後には、身勝手で悪い事をしたなと、ちょっと反省していたのですが、予想に反して生き生きとした表情の彼女がいるではありませんか。どうやら、私以上に興奮していたようで、以来、お互い野外で出来そうなところをリサーチし、頻繁にプレイするようになりました。今じゃあ自宅でプレイするのはなんだか物足りないほどです。出会い系サイトをきっかけにして、すっかりアブノーマルなプレイに目覚めてしまいました。

32歳|営業


セフレを見つける【完全無料】



△ 目次に戻る

出会い系で知り合った人妻を浣腸調教



アブノーマルな性癖を持っている女性って、なかなか出会えませんよね?たとえ彼女や妻がいても、相手がノーマルだと、アブノーマルなプレイはできませんから、欲求不満は溜まってしまいますよね?私は浣腸とアナル調教が好きで、付き合って間もない彼女に勇気を振り絞ってエッチの時に、「ねぇ、浣腸させて。」と頼んだことがあります。そしたら、「そんなの嫌だ、あなた変態?」と言われて全力で拒否られました。結局彼女とは続きませんでした。

アブノーマルなエッチをする相手を見つけるのは、本当に難しいですよね?しかし、出会い系サイトなら、あなたの性癖にあった女性を見つけることも夢ではありません。私は最近、出会い系サイトで知り合った36歳の人妻を浣腸調教しています。

彼女は私がメールを送って、返事があった女性の中の一人でした。プロフにはアブノーマルな性癖なことなどは全く書かれていませんでした。彼女とはサイト上で1週間ぐらいやり取りしてから、LINEに誘いました。LINEに移ってから、下ネタの話をするようになりました。彼女は旦那とセックスレスだったようで、下ネタに食いついてきました。私がどんなエッチをしたいかと聞いたら、アナルセックスをやってみたいと言ってきました。私もアナルセックスは好きだったので、次の週末に会う約束をしました。

彼女はショートカットでスレンダーな小奇麗な女性でした。1時間ほどカフェでコーヒーを飲んでから、私たちはホテルへと向かいました。私は途中で薬局に寄りました。そして、浣腸コーナーで「入れて欲しい浣腸買ってきな。」と彼女に浣腸を買わせました。そして、駐車場の隅で彼女に買ったばかりのイチジク浣腸をしました。「んんん。」と彼女は悶えました。それから、近くのラブホにチェックインしました。彼女は必死に便意に耐えていました。

部屋に入ると、彼女はもう我慢できないという感じでした。私は彼女に服を脱がせました。そして、風呂場に行って、思いっ切り彼女にぶちまけさせました。彼女は「いや、いや、恥ずかしい、見ないで!」と言いながら、口とは裏腹に思いっ切りぶちまけました。全部出し切った後、残りの浣腸をして、腸内を綺麗にしました。

彼女のお尻を綺麗に洗った後、ベッドに行きました。彼女を四つん這いにさせ、私は彼女のアナルを舐めました。アナルが感じるのか、「あんあん」言いながら、お尻を押し付けてきます。アナルが柔らかくなってから、彼女のアナルに指を入れました。すんなりと入りました。指を出し入れすると、「うんぐ、んぁぁ」と喘ぎ声を上げます。

彼女のアナルを指で楽しんだ後、私は彼女のアナルにペニスの先っぽを突っ込みました。最初は痛がっていましたが、慣れて来たのか自分でお尻を動かし始めました。そして、私は思いっ切り力を入れて、一気にペニスを彼女のアナルに押し込みました。「んぁ!」と彼女は叫び声を上げました。「痛い、痛い。」と叫んだものの、次第に「あぁ、気持ち良い。」とアナルで感じるようになりました。私は彼女のアナルのきつい締め付けに耐えられなくなり、フィニッシュのため腰を激しく振りました。彼女は「ああぁ、おかしくなっちゃう!頭の中が真っ白になっちゃう!!」と絶叫しながらイキました。私も彼女のアナルに射精しました。

彼女は私とのアナルセックスにハマったようで、今では定期的に会い、私は彼女のアナルを調教しています。


【完全無料】アブノーマルは最高だよ♪


△ 目次に戻る


top