出会い系サイトで出会った女性に童貞を捧げた時のこと

▽ 目次 ▽



  1. 出会い系サイトで出会った女性に童貞を捧げた時のこと

  2. ドロドロの変態エッチするなら40代の人妻で

  3. 音や声に拘りがある変態さんと出会えた話

  4. サイトを使って出会った変態女

  5. 顔面騎乗を拝み倒して実行する

  6. 変態プレイ好きの女の子と出会い変態プレイに勤しんでいます





出会い系サイトで出会った女性に童貞を捧げた時のこと



【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓



私は、現在24歳の会社員です。現在、彼女いない歴24年の男ですが、出会い系サイトを使って女性と遊んでいます。私が出会い系サイトにハマっているきっかけは、初めて出会い系サイトを使った時の事でした。
実は、私は出会い系サイトで出会った女性が初めてエッチをした女性でした。童貞を出会い系サイトで会った女性に捧げたのです。
その当時私は21歳でした。彼女もできなく、童貞のままでいることにすごく焦りを感じていました。そんなこともあり、童貞を捨てたい一心で出会い系サイトで、エッチな体験ができないかとあわよくば思い、サイトを利用し始めました。
そして、エッチの経験がないことから会って恥をかかないように、はじめから童貞であることをさらして会える女性を募集しました。しかし、なかなか童貞の男と会おうとする女性はいなく、メッセージのやり取りをできる女性すらいませんでした。
ようやく半月ぐらい経ち初めて女性からメッセージをもらうことができました。その女性からは、是非童貞の男性と会ってみたいとのことで、早速待ち合わせをしました。
待ち合わせに来た女性は、10歳は歳が離れた人妻でした。私はこの女性に童貞を捧げてエッチを教えてもらうんだという気持ちで、彼女と会話をしました。彼女は人妻でありながら結構遊んでいるようでしたが、童貞との経験が無く興味を持ってもらえたようでした。
そして、彼女の運転する車でホテルに連れて行ってもらいました。初めてのラブホテルでガチガチになりながら、初めて女性に抱きしめられて服を脱がされました。そして、シャワーも浴びずに彼女は私のアソコを舐めてくれました。しかし、私はその瞬間に行ってしまい、彼女の口の中に思いっきり精子を放出してしまいました。思わず自分は変態なのではないかと思い彼女に謝りましたが、彼女は優しく大丈夫だよと言ってくれたのを覚えています。その後も、彼女は優しくエッチを教えてくれました。私の想像していたエッチは、もっと変態行為があるものだと思っていましたが、ソフトなエッチで時間を終えました。これが私の出会い系サイトで体験した初体験でした。
それから数年経ちましたが、私はそれ以来出会い系サイトにハマって、いろんなエッチを覚えて、ホントに自分は変態だと思うほどになってしまいました。




△ 目次に戻る

ドロドロの変態エッチするなら40代の人妻で



知り合いからセフレになるパターンというのも経験はしたことあるのですが、結局は以前から知っていたこともあり、付き合わなければならないような微妙な空気が流れてしまったことがあるために、セフレを探すのは出会い系でと決めています。出会い系は登録の女性は多くても、かなりの数が業者だったり、セミプロのような女性が多く、純粋に素人の女性を見つけるというのはなかなか難しいです。
それでもコツコツと女性にメールを送り続け、返信が返ってきた人には丁寧に返事を返すことを繰り返せば、実際に会うということはそんなに難しいことではありません。数回やり取りをして下ネタを軽く振ってからの返答が悪くないようであれば、会ってエッチに持ち込める可能性はかなり高いと断言できます。
自分は30代なのですが、狙う女性の年齢は20代から50代までと幅広いです。プロフィールを見てフィーリングでいけそうだと感じた人にメールを送るので、特に年齢は気にしていません。そういう方法で今まで20人近くの女性とは出会ってきたと思えます。実際に会うことができれば8割程度の確率でエッチに持ち込むことは可能です。エッチの相性は正直やってみないとわからないところもありますが、問題はエッチにももちこめても、相手の女性がどれくらい盛り上がってやる気になるかが楽しめるかどうかの一番のポイントです。
ホテルに入ってエッチはしたけど、なんか作業みたいだった。という経験も実際に何度もしたことはあります。せっかくそこまで時間とお金を使ってエッチまでもちこめたので、エッチも盛り上がるエッチにしたいです。そうなると自分の今までの経験ではありますが40代の人妻がねらい目です。
彼女たちはとにかくエッチに対して貪欲な人が多い。そこまで性に貪欲になれるのかとよく思います。外見はおとなしそうでも、いざエッチがはじまると野獣のような声で感じまくるので変態なのかと思うこともよくあります。
それでもって家庭はあるので一歩踏み込んでこない人が多い。ドロドロの変態エッチを希望するなら40代人妻がお勧めです。


【完全無料】変態だよ♪




△ 目次に戻る

音や声に拘りがある変態さんと出会えた話



出会いサイトで出会った女性は、出会った時から変態なんだとアピールしてきてました。
変態なので過去に彼氏に引かれて別れてしまったり、初めてHをする相手に引かれてしまうこともあって困ってしまい、出会いサイトを利用しているというのです。

基本的に許容範囲が広いと自負している私にとってはむしろ興奮材料で、一体どういう変態なのか、私が受け入れられるものなのかどうか気になって、詳しく聞いてみました。

音や声というものに拘りがありすぎて、Hする時にイヤホンやヘッドセットをして、自分が好きな声の人がHなことを言ってくれたりストーリーに沿って話していたり、HシーンではHな効果音などが入っている音声ファイルを聞きながらHをするのが大好きで、音声ファイルを聞きながらじゃないと楽しめないというのです。

目隠しが好きだとか、拘束される、加減をされて叩かれたりすることが好きだという女性には出会ったことがあったものの、ここまで音や声に拘りをもつ女性と出会ったことはなく、これは是非相手してみたいと、前のめり気味に会う約束を取り付けました。

彼女も理解してもらえることが嬉しかったようで、ホテルでもなんの不安や緊張もなくイヤホンを取り出せることが嬉しいと言っていました。
携帯型音楽プレーヤーとイヤホンを取り出し、予め聞いていた細かいルールを改めて告げられました。
基本的にイヤホンを通じた音と声を楽しみたいのでこちらは無口で前戯やHをすること、それさえ守ってくれれば大概のことはしてもいいということで、私としてはやりたい放題を許されたような感覚でした。

彼女は他のことに集中しつつ、こちらの要望にも応えるというスタイルになるので、男性によっては寂しさを感じてしまったり、反発を招く拘りでもあるなとは思いましたが、私としてはちゃんと感じてくれるし、濡れてくれるし、気持ち良いとかも言ってくれるし、要望にも応えてくれたしと、ほとんど不安のないHとなりましたし、相手がなにかを聴いているという特殊状況下での初めてのHは楽しめました。

その後、彼女と定期的にHをする仲になってから私も彼女と同じように音声ファイルを用意してHをしてみると、思った以上に興奮できたのも収穫でした。

21歳|学生


【完全無料】変態だよ。うふふ♪




△ 目次に戻る

サイトを使って出会った変態女



中々出会いがなく性の処理といえば自分でするか風俗に行くことで解消していました。風俗に行くにもお金がかかるし頻繁には行けません。
そんな中でインタネットで出会いサイトで会うことができた一夜限りの女性と会ったなどの記事を読み半分疑いながらも自分でやってみました。
はじめは返信がくるのですが会うところまでいかないしエロそうな女性がいなかったです。そういえば援交のような女性はいましたがそんなことをするのであれば風俗にいくんだよと思いながらスルーしました。そんなことを何回か繰り返しているとある女性にたどり着きました。
連絡を取り合っているうちに自分は欲求不満だと打ち明けられたのです。最初は何を言ってるんだと思っていたのですが話していると本当のことのようでした。
すぐに会いませんかと誘ったところ、土曜日の夜に会うことになりました。会ってみてびっくりしたのですが細くて綺麗な女性でした。こんな女性がこのようなサイトを使っていることにびっくりでした。ホテルへいき少し話していると体をもじもじさせているのでどうかした、と聞くとスカートをまくりあげたのです。そこで見たのはすでにアソコにオトナのオモチャがはいっていて愛液でビシャビシャになっていました。
なんだこの変態女はと思ったのが正直ですが私の股間もすでに反応しておりそれに気づいた女性がすぐさまくわえはじめました。すごい吸引力で気持ちよかったです。すると自分の股間を私の顔に擦り付け顔は愛液まみれにそれから挿入し自分で上で激しく腰を振るのです。私はアッと言う間に昇天しまうのですがそれでは納得できないらしく股間をくわえるのです。
次のプレイで目隠しをされ言葉責めで私を責め寸止めを繰り返し自分で股間を触りながらどこにいれたいのなんて聞いてきます。見た目の容姿からは考えられない極上の変態女でした。その時は朝までプレイが続いたのですが私の股間はぐったりしてしまいしばらくはいいなと思ったのです。


【完全無料】変態さんばかりですよ♪




△ 目次に戻る

顔面騎乗を拝み倒して実行する



出会い系で上手く捕まえた子とホテルに行きます。
日焼けした、遊びなれた感じの女の子。ギャルといったところです。
そういう子なら、後腐れも無さそうだしいろいろしてくれてラッキーだと思いました。
「おお、でっかいじゃん」
私の一物を見たとたん嬉しい一言。遊んでそうな子に言われるのはまた格別です。まあ遊んでそうなだけに、お世辞の一つとして身に着けているのかもしれませんが。
ちなみに私の物はやや平均以上程度で、大きいといえば大きいですが一目ででかいと言い出すかといえば微妙です。見もせずにお世辞でいっているとも考えられます。
それでも、詮索しないのが花でしょう。 
出会い系による、一度限りの付き合いなのですから、巨根扱いされていたほうが楽しいというもの。
フェラは堂に入ったもので、咥えて亀頭の周りをローリングする舌はある種のアスリートのように一心不乱で強力でした。
こちらも熱心にクンニ。そして本番前に、一つのお願い。
「ええ。変態じゃない」
あっさりと、引かれます。
遊びなれていそうな子なので、何とでもなると思ったのですが。
大したお願いではありません、顔面騎乗です。
全裸で私の顔に座って欲しいというだけのお願いです。
変態というほどのことはないと思います。
まあ一般的でもないかもしれませんが。
「絶対変だって。何で座るの?」
彼女の抵抗は結構なものでした。
しかし、変態上等、別にしんどい思いをしてもらうわけではありません、ちょっと座るだけです。
くどき倒し、ついには承知させます。
「ほんとに絶対変態だってこんなの」
いいながら座ってきます。もちろん舐めます。
尻を浮かせ、というか飛び上がる女性。
「え、マジで?」
セックスで、顔に女性器周辺を密着させるのだから、舐めるのは当然です。クンニとやっていることは変わらないのになぜ変態扱いかよく分かりません。
それでも、一度付き合うといったのだからと、彼女は律儀にまた座ってくれます。
「うわ、さっきよりガチガチじゃん」
言われて、返事も出来ないので舐め上げます。
彼女の反応が変わってきてから、太股を叩いてどいてもらい、本番。
変態行為の後のせいか、彼女の興奮は先ほどより高いステージにありました。
私も存分に盛り上がり、気持ちよく放出します。

三十三歳、会社員


【完全無料】アブノーマルな出会いはココ




△ 目次に戻る

変態プレイ好きの女の子と出会い変態プレイに勤しんでいます



とある出会いサイトを見ていたら、変態プレイを一緒にしてくれる男性との出会いを求めている女の子を見つけました。
私は変態プレイと言う言葉に惹かれ、この女の子に声を掛けてみたのです。
女の子はごく普通の容姿をしており、とても変態プレイをするようには見えませんでした。
そして私たちは変態プレイを楽しむために、ラブホテルへと入ったのです。
ラブホテルの部屋に入って直ぐに、彼女は紙袋から可愛らしい服を取り出し着替えました。
するとどこかの魔法少女の様な姿になったのです。
そして私に「襲って」と言って来ました。
私は彼女の言葉の意味が良く分かりませんでしたが、襲ってと言うなら襲ってやれと思い、彼女をベッドに押し倒したのです。
それでカワイイ服のボタンを外して、胸を露出させて揉みまくりました。
この後かわいいミニスカートをたくし上げ、下着をずらしてアソコに指を突っ込んだのです。
それからしばらくすると、彼女は持っていた魔法のステッキを私に渡し、アソコに突っ込んでくれと頼んで来たのです。
そこで私は彼女の言う通り、アソコにステッキを突っ込み、ぐりぐりと動かしました。
すると彼女は苦痛に満ちた顔を浮かべ、悶え始めました。
私は彼女の悶え苦しむ姿を見ていたら我慢しきれなくなってしまい、マックスまで膨張していた息子を彼女のアソコに突っ込み動き出したのです。
そして彼女の中に、白くて熱い液体を放出させたのです。
この後彼女はセーラー服に着替え、今度は私に痴漢をしてくれと頼んで来ました。
彼女は電車の中で吊革に掴まっているかのように立ったので、私はその後ろからお尻をなでなでしました。
そして更に彼女の胸を後ろからわしづかみにして、揉みしだいたのです。
すると彼女が喘ぎ声を挙げて悶え始めたので、私は彼女のスカートをまくり上げ、パンツを降ろして後ろから肉棒を突っ込みました。
そしてガシガシと、激しく腰を動かし続けたのです。
それで私は彼女の中に、二回目の放出を果たしたのでした。
彼女とはこの後も何度も会う様になり、彼女の指示通りの様々な変態プレイをするようになったのです。

「20代:会社員」


【完全無料】素晴らしい女性にはアブノーマルが多い!



△ 目次に戻る


←PREV (二人とも望んでいることなので楽しい) | (特殊なキスが出来る相手を出合い系サイトで見つけた話) NEXT→

top