サイトで出会った男性は初めで出会う様なタイプの方でした

出会い系サイトをたま~に使います。そのたま~にとは、自分の身体の欲求不満がMAXに達した時です。

その場の気分で、メッセージを何度も交わして相性を見る場合もありますが、掲示板などで直感で決めて会うこともあります。

私が今まで出会い系では会った事がない様なタイプの方にあったのはメッセージからでした。
私のプロフの、♪刺激が欲しいです。と言うフレーズを見てメッセージを送ってきたとの事でした。

彼は11歳年上のかなり大人の臭いを感じる男性でした。
何度か交わしたメッセージ内でも、自分は刺激的なことをしてあげられる自信があると言うのです。

段々と彼がどんな人が興味が沸いて、1週間後に会う事にしたのです。
待ち合わせにやってきた彼は物腰は柔らかいけれど、少し神経質な感じがする男性でした。

美味しいうなぎをご馳走してくれて、その後シティホテルへチェックインをしました。
こちらもその日はそのつもりで行ったので抵抗は一切ありませんでした。

部屋に入ると、彼が私の隣にすっと座り、髪の毛な撫でながら、変態プレーは興味ある?と聞いてきたのです。

変態プレーなんてしたこともなければ、どんな事をするのか分からないので、全く分からないし、少し怖いと言うと、「全然怖くないし、初めてならば必ず気持ちよく丁寧にするから大丈夫」と言われました。

シャワーは浴びなくていいからそのままでと言われた時に、既に変態プレーが始まっていると悟りました。
彼はそのままの女性の香りが大好きだと言うのです。私も一度切りの相手だと思うので、恥ずかしさはありませんでした。

その後、鏡が見える前に下半身だけ脱がされた状態で連れて行かれて、鏡の前でローターにコンドームをかぶせて、それを挿入してきました。
その時点でかなり私は興奮していたように感じます。

目をそむけると叱られて、自分のされている事を見るように要求されました。
その後も全て鏡の前で事は行われました。

後から聞けば、そのシティホテルは彼が御用達のようで、ベットの前にこんなに大きな鏡があるのは珍しいんだよ!と得意げに説明してくれました。

3時間の間に経験した事がない数々のことをされ、最後は起き上がるのが困難な程の脱力感でした。
少し休んでいっていいよと言うので、彼とはその場で別れました。

とても濃厚な時間でした。

30歳|某ショッピングセンター内受付


ヤリまくり日記【完全無料】



▽ 目次 ▽



  1. ソフトなアブノーマルプレーが大好き☆

  2. 気の弱そうな女の子に、何とか頼み込んでアナル





ソフトなアブノーマルプレーが大好き☆



ハード系のものは好みませんが、20代の後半よりソフトなアブノーマルプレーが大好物です。
でも、そんな事をなかなか彼氏には口に出来ませんし、今まで付き合ってきた男性で性癖が凄くあう男性もほぼいません。

いつしか私は身体だけの関係で良いから性癖があう男性を探してみようと思ったのです。
職場の子が持って来てくれる合コンも積極的に参加をしたりしてみましたが、本当にごいつもこいつも自分が満足をする事ばかりを考えるエッチをするので、合コンでも性癖がぴたりと来るような男性には会えませんでした。

そこで、私が選んだ方法は出会い系でした。出会い系ならアブノーマルや変態プレイを好むマニアの男性が沢山いるってことが分かったのです。

カテゴリー変態!最初はちょっとだけ抵抗もありましたが、いざ変態の性癖がある男性とメッセ交換をしてみると、意外と文章も普通でしたし、その後の電話での通話でも特に大きく変わりはないと思ったのです。

いざ、同じ様な性癖のある男性と会ってみると、驚きもありました。
それは、実際に肌を合わせると、かなり豹変というのか、見事に性癖を全開に出してくれるのです(笑)こっちもそんな風な男性とはした事がないので、結構、最初から濡れてしまった感はありました。

私が一番ゾクゾクしてしまった変態さんは、もう言葉攻めが凄くて、その上にしている最中にやたらと全身鏡の前でしたがるのです。

自分でしている顔を見ながら、私が感じる顔を見ると最高頂に達すらしく、果てる時は私に肩を噛んでほしいと言うのです。
男性を噛むなんて初めてでしたが、実際にやってみると何と言えない気持ちになりまして、その後彼氏とする時も思わず彼の肩を噛んでしまったくらいに気持ちの良さを覚えてしまった私です。

変態さんとの行為が終わると途端に普通の感じの男性に戻ったので、そのギャップにも笑えました。
その後、その方とは連絡は取っていませんが、私の中で忘れられない変わった変態さんでした。

31歳。歯科医受付


セフレを見つける【完全無料】




△ 目次に戻る

気の弱そうな女の子に、何とか頼み込んでアナル



小柄でとろんとした目の可愛い子が来てくれました。出会い系サイトでやり取りした写真の通りの子です。
というか、考えた以上に都合がよさそうな感じがしました。
多少変態っぽいプレイもしたいほうなのです。
気の強そうな子だと言い出しにくいですが、おっとりした感じのその子なら何とかいうぐらいは出来ると思いました。
声を掛け、とりあえず食事に。
多少観察します。
出会い系で遊んでいる子なので、見た目ほどおっとりとは限らないかもしれないと思ったのです。
話した感じ、割と見た目どおりとわかって安心します。
ホテルに誘い、とりあえず普通に始めます。
小柄ながら、胸は結構大きく、それは嬉しい誤算でした。
フェラしてもらいつつ、どこでお願いするか考えます。
変態といっても、私のそれはたかがアナルファックです。もしかしたら普通かもしれない、別に変態ではないかも、と思わないでもない程度の趣味。
ですが、割と断ってくる子も多いのです。
やはり変態なのでしょうか。
それは、普通ならせっかくおマンコがあるのだからと考える物でしょうが、アナル好きがいてもいい気がします。
その子に、挿入前にその話を切り出します。アナルを多少責めても、さほどの抵抗はなく、コレはいけると考えたのです。
バックから、今挿入するというところです。
気の強い子でも、ここで怒り出すかは微妙です。が、だからこそもし怒り出したら本当に帰られてしまうかもしれないので、なかなかやれるタイミングではありません。
優しそうだから、甘えられる形です。
相手は多少間を空けるものの、したいならそっちでもいいといってくれます。
内心ガッツポーズをしつつ、アナルに突っ込みます。アナルの刺激は、主に入り口付近の締め付けで、中は差ほどではありません。
が、そこが好きなのです。限られた刺激の場所を上手く使って楽しみます。
もちろん相手も楽しめるように、乳揉みは欠かせません。
むしろアナル攻めのときこそ、全力で乳首を責めにいくぐらいです。
その甲斐あって、いかせることが出来ました。
自分も満足して出します。
アナルの問題は、二回目でまさかフェラしてくれとはいえないことですが、そこは根性で勃起し、二回目のアナルに突入します。
三回目は無理でしたが、充分楽しめました。

三十歳、自営業



近所のあの娘とセックス!【完全無料】



△ 目次に戻る


←PREV (女装が趣味の私とレズプレイをしてくれる女性を探した結果wwwww) | (前戯なしという異例の体験となった出会いについて) NEXT→

top