出会い系で会った娘はすごい責め上手でビックリした

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




私自身、性欲はあるほうだと思うのですが、好むプレイ内容はごく普通のものなんですが、少しアブノーマルな趣味の女性と変態出会い系で会いました。
女性の年齢は24歳、会う前に一応スタイルは聞いた所、身長162cm体重50ちょいぐらいとのことでした。
5kgぐらい女性は体重サバ読んできますが、これなら5kgサバ読まれてもデブってことはないと思い、とりあえず会ってみました。
24歳という年齢どおりの若さで、スタイルも服の上から見た限りは言ってた通りかな?と思えるぐらいの細身でした。
会ってからごく普通に接し、居酒屋で食事をし、その後うまくラブホテルに連れ込むことができました。
それまで特に積極的でなかったのですが、部屋に入ってから彼女をベッドに倒しておさわりを開始すると、彼女の様子がかわってきました。
大体男性が女性を責めるものだと思うんですけど、彼女が私にさせてといって責めてくるんです。
今までは女性からされる=フェラ程度だったんですが、私の耳元、首筋、乳首周辺を舌でぬら~とソフトに舐めてくるんです。
手は私のものをソフトに触って刺激してきます。
もちろん私のものはギンギンになっているんですが、少しじらすみたいな感じで、激しくはしてきません。
我慢できなくなり、彼女のアソコを触ると、私からは特に何もしてないのに、すでにビショビショでした。
めっちゃぬれてるやんって言うと、こうやって責めてると興奮しちゃうとかいうんです。
ここで私の我慢が限界点になり、攻守交替して彼女に入れてつきまくりました。
普通に感じてくれてはいたんですが、彼女的には少し不満だったのかもしれません。
一回終わってからお風呂場で2回戦スタートしたのですが、ここでも彼女がローションプレイのような感じで責めてきます。
風俗とは経験はないそうですが、男性にしてもらってから、自分もしてあげたいと思うようになったといってました。
ここでもネチッコい責めが続き、ベッドに移動して、さあ始めようって時に今度は彼女が上になって私にまたがってきました。
さっきは正上位でしたのですが、彼女的には不満で上になってするのが好きなようでした。
彼女が私のものを手にとってアソコに誘導して入れてきます。
入れてから少し動き、落ち着いてくると、お風呂からもってきてたバスタオルを私の両手に巻きつけてきてしばります。
バスタオルで縛ってるのと、所詮女性の力なので、キツク解こうとすればほどけるって感じだったので、身の危険はないだろうと思い、そのまま両手を縛られたまま、騎上位でイカされました。
彼女自身もイッテたようですが、私のアソコの力でイッタというよりは、縛って私を責めているのに興奮してイッタって感じでした。
かなり面白い女だな~って思い、次回も会いたいっていったんですけど、同じ男性とはしないのって言われました。
男性も同じ女性とするよりは、違う娘としたくなりますが、そんな感じのようでした。
彼女との関係はそれっきりになってしまいましたが、かなり変わった体験をさせてもらいました。

35歳男性、サラリーマンからの報告でした。


【完全無料】貴方はこんな変態・・・好きですか?


▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|マンネリ夫婦の寝取らせセックス

  2. 変態出会い|変態熟女の秘密の現場に遭遇





変態出会い|マンネリ夫婦の寝取らせセックス



私の変態な出会いについての話をしたいと思います。まず言っておくと、これは私の女性との出会いの話ではなく、私の妻の出会いのはなしとなります。
私達夫婦は結婚して10年、私は35で妻は2つ下の33となります。妻はどちらかと言うとロリっぽい感じで、まだ25歳程度に見えますが体はムチムチとしたエロい体をしており、胸もEカップと顔に似合わない放漫な体型です。本題に入ります。私達は普段からSMプレイなどアブノーマルなプレイを楽しんでいましたが、マンネリ化し私が寝取られ好きなこともあり妻に他の男に抱かれてみないか、と提案したことが始まりでした。妻は絶対に嫌だと口では言ってたものの、その表情はどこか期待しているようにも見え、なんとか説得してアブノーマルなプレイが大好きな変態の集まるサイトで人妻を抱きたい方を募集しました。
そしてメールの来た人の中から、40代建設業の方と会う約束を取り付けました。そして当日、二人にはホテルで会ってもらうことにし、妻には無線を持たせ私は音声をホテルの前の喫茶店で聞くことにしました。最初は他愛もない世間話をしていたようですが、しばらくするとキスをするようなピチャピチャという音が聞こえてきます。そのまま妻はクンニをされたようで、舐められるのに弱い妻は喘ぎ声を挙げまくりあっけなくイってしまったようでした。
そのままフェラをさせられたようですが、妻は激しくしているようでジュポジュポとイヤらしく舐める音が響きました。
ちなみに相手の男性はプロレスラーのようながたいのよい方で、モノもかなりのようで、妻はひたすら「おっきい」と言っていました。そしてそのままセックスが始まったかと思うと妻は普段挙げないような喘ぎ声を挙げまくり、ひたすらイキ続けたようでした。最中「もう旦那じゃ満足できないっ」などショックな言葉も聞こえてきましたが、興奮しっぱなしでした。この遊びは暫く続けそうです(笑)
35歳 アパレル業


【完全無料】人には言えない性癖をもった華麗な変態さんと出会える!




△ 目次に戻る

変態出会い|変態熟女の秘密の現場に遭遇



ある日の午前中、今にも雨が降り出しそうな空を見上げながら公園の喫煙所で仕事をサボっていると目の前を40歳位のスタイルのいい熟女が通り過ぎ公園の中に入って行きました。短めのスカートに白シャツ姿の女性が一瞬私の方を見て微笑んだ気がしたので引き寄せられるように私も公園に入って行きました。

案の定、ポツポツと雨が降り出しました。熟女はトイレの所で雨宿りしていました。私もそのトイレに雨を避ける為に駆け込みました。「あー降ってきちゃいましたね。」と声を掛けたきた熟女の方を見ると雨に濡れシャツが体に張り付いていました。胸元にはツンッとした突起が確認できました。雨が激しくなってくると女は意味ありげに「ちょっとおトイレ」と私に告げトイレの中に入って行きました。

「あの、すみません。」とトイレの中から大きな声が聞こえてきました。私は「はい?」と言うと「トイレットペーパー取っていただきません?」と言うのです。私は男子トイレからトイレットペーパーを取り、女子トイレに他の人がいない事を確認し中に入りました。「上から投げますよ?」と言うといきなり個室のドアが開きました。このドアがアブノーマルの世界への入り口でした。

開いたドアの先には胸した熟女がいました。呆然とする私の手を引き「入って」と引っ張り込みました。熟女は完全に興奮しきっていて「見て!おっぱい見て。」と胸も揉み始めました。呆然としている私に向かって熟女は続けて「座って。オマンコも見て。」と言いました。目の前で繰り広げられる熟女の自慰に大興奮し無意識に舌を這わせていました。

「あなたのも見せて。」と言う熟女のお願いに勃起したナニを取り出すことで答えました。熟女はナニを見るなり「はあー」とため息をつきゆっくりと舐め上げてきました。その後、激しくしゃぶり付き「もう我慢できない。きて!」とお尻を突き出して挿入を催促してきました。私は躊躇うことなく生のまま挿入しました。狭い個室の中で卑猥な音を響かせながら無許可で中に出しました。女は逆流してくる精液を指で掬い取り口に運び「美味しい…」と淫靡に笑いました。

その後は連絡先を交換する事はありませんでしたが公園で顔を合わせるたびに「今日は雨が降るかしら?」と言う熟女の言葉が暗黙の合図になりました。熟女のお蔭で「人に見られるかも?」という快感と「人に見せたい。」と言う欲求が日増しに強くなっています。

32歳、会社員


【完全無料】Hな写メ見てセフレをGET!セフレ探しは「変態メール」で!!














△ 目次に戻る


top