現場でカミングアウトされた変態さんと出会った話

最初は変態さんを探していたわけではなく、はっきり言って多少ストライクゾーンから離れていても抱ければいいかなという気持ちで出会いを求める男女が集まるサイトに通い、何人かの女性と同時並行で仲良くなっていきました。
同時並行で進めていた他の女性とのあれこれは今回は置いておいて、狙った女性の中でも特に驚いた人について話していきます。

隠す女性も多いんですが、その女性は最初の内から人妻であることを明かして出会いを求めるサイトにやって来ているという潔いというか、日頃のストレスが溜まっているんだろうなということを伺わせる人でした。
私も人妻相手なので慎重に事を進めて、性的な関係をもつことをそこまで匂わすことなく、まずは食事でもしましょうと会う約束をとりつけました。
ここまではこれまでも経験があり、上手くいけばその日の内にいろいろできるかもしれないと期待を抱きながら会ったんですが、予想の斜め上をいく事態が待っていたんです。

食事の最中に突然、変態であるということを女性にカミングアウトされたんです。
黙っていたけど露出癖があり、誰かに裸であったりHな姿を見てもらうことに異常に興奮するものの、旦那には隠したまま生活しているためにその部分を発散できずに困っていたというのです。
最初はこちらも驚いたんですが、平静を保ちながら話を聞いていくと、さらに驚くことを伝えられました。
季節は少し寒さのある秋だったはずなんですが、彼女は冬用のロングコート姿で、季節の割には重装備だなと思っていたんですが、彼女はロングコートの中は衣服ではなく、下着姿だというんです。
それを聞いた私は驚きと興奮が入り混じり、どうしてそんな事をなどと聞く前に、寒くないのかということを聞いた記憶があるあたり、平静を装いながらも混乱していたんでしょう。

その後は直接ホテルに行き、コートの中を見せてもらいました。
本当に下着姿、しかもTバックだったり露出部分が多いというエロい下着姿で、しかもコートを脱いで下着姿を見せている彼女は勝手に興奮しており、その姿を見ただけでこちらもかなり興奮したのを覚えています。
その後は恥ずかしい姿を見たり凝視することを主にした彼女が喜ぶ羞恥プレイを行い、彼女は大満足で帰っていったはずです。

後にも先にも、出会った時に変態であることをカミングアウトして、尚且つ変態プレイを楽しんでいる女性に出会ったことはないんですが、現実にいるんだなという衝撃と共に、女性の性欲や好みの幅広さを知ることができた出会いとなりました。

28歳|会社員

セフレスクール【完全無料】


▽ 目次 ▽



  1. 出会い系サイトで出会った変態な彼氏

  2. 大人の関係になった女性とのエッチ体験談

  3. 出会い系サイトがある今の時代は、本当に便利になりました

  4. サイトで知りあった女性と大人の関係になった話

  5. 出会いサイトで変態彼と出会いました





出会い系サイトで出会った変態な彼氏


最近、変態といっても様々な種類があるということを学びました。
もちろんアダルトな意味でです。
私は最近出会い系サイトである男性と知り合いました。
その人はOさんと良い、私より10歳年上です。

出会い系サイトを始めたきっかけは、単純に彼氏が欲しかったからです。
ここ数年、彼氏がいなく出会いもなく一人暮らしで寂しかったので、出会い系サイトで良い人が見つけられたらと思いました。
実は私、親や友達に隠していますがマゾです。
昔からSMプレイとかそういうのが好きです。
普通のコミュニティサイトにしなかった理由はそこです。
出会い系サイトのほうが自分を受け入れてくれる人と出会いやすいのではないかと考え、こちらの選択をしました。
プロフィールには正直に自分がマゾであることを載せました。

すると、私が思っていた以上に自分に興味をもってもらえ、たくさんメッセージもいただきました。
そのなかで気になったのがOさんです。
彼は変態という言葉に敏感でした。
世の中の変態に興味がある彼は、変態な女性を求めて出会い系サイトに登録したそうです。
この時点で彼が未婚な理由がなんとなく分かりましたが、それと同時に安心しました。
彼とはいわゆる変態プレイの話で盛り上がりました。
まだ会ったこともない相手とこういう話をするのは変かもしれませんが、楽しかったです。
新鮮でした。
私は彼が臭いフェチだと教えてくれてから、さらに彼に興味がわきました。

そして、私は自分から会いたいと言いだしました。
思ったより彼は見た目普通で一見、落ち着いた感じでした。
ですが個室居酒屋に入った途端、彼の変態トークは炸裂しました。
そのギャップが面白かったです。

それから数回デートを重ね、正式に付き合うことになりました。
初めてホテルでしたとき、すごかったです。
私の知らないセックスを彼はたくさん知っていました。
決して私だって経験は浅くないと思うのですが、彼はいわゆる変態プレイを熟知していたのです。
今私は彼から様々な変態プレイを学んでいます。

27歳 事務職


いつでも即ハメ!【完全無料】





△ 目次に戻る

大人の関係になった女性とのエッチ体験談


私にはインターネットを介して知り合い大人の関係になった女性がいます。

今回はその人とのエッチな体験談について書いてみたいと思います。

その頃は大学を卒業して働き始めた頃で忙しくて恋愛をしている余裕はありませんでした。

その反面エッチしたいという欲求は高まる一方でしたがお金が無いので風俗に行くのは難しかったです。

そんな事に関して友人に愚痴っていたら出会い系でセフレを探せばいいと言う話になり実際にやってみることになりました。

友人はそういう事に詳しいので色々とレクチャーを受けていたら意外と簡単にセフレを募集している女性と出会いました。

その人は2歳年上の女性でしたが話した感じは人当たりが良くて安心できそうな人でした。

とは言ってもいきなり会おうと誘うのはハードルが高かったのでしばらくはSNSで話すだけでした。

ある時に彼女からエロイプに誘われたのでそれくらいならいいかと思いやってみました。

画面の向うの彼女は美人で巨乳で私の好みにドンピシャでした。

そんな人がオナニーしている姿はとにかくエロくて気持ちよかったです。

それをきっかけに直接会ってエッチしたいという欲求が高まったので思い切って「今度どこかで合わない?」と誘いました。

特に断られられることもなく即答でOKしてくれたので早速会ってみることになりました。

実際に会ってみると画面越しに見るよりも美人で内心ではとにかく興奮していました。

回りくどいのは無しで直ぐにエッチしようという話になりました。

彼女がオススメの場所があるというのでついて行くとそこは人気のない公園でした。

「こんなところでするの?」と聞くと彼女から「見られるかもって思った方が気持ちいいでしょ」と変態的な答えが帰ってきました。

想像していた人と違って変態っぽいと思いましたがむしろ興奮したので彼女を抱きしめてキスを始めました。

唇を重ねるだけのキスから少しづつ激しくなってき舌を絡ませるディープキスになりました。

キスが終わると彼女は私のペニスを、取り出してフェラチオを始めました。

彼女のフェラは上手くて油断すると射精しそうになるくらい気持ちよかったです。

そのまま射精するのは勿体無いので途中で止めてもらい今度は私が攻める番に。

上半身を裸にして胸を吸いながら既に濡れまくってた膣に指を入れました。

最初は指2本でしたが物足りなさ育ったので3本にすると気持ち良さそうに感じていました。

指の動きを激しくしていくと喘ぎ声を出すようになり何度か軽くイッていました。

彼女を全裸にすると仰向けに倒れた私の上に跨らせました。

すると彼女は自分で挿入して腰を動かし始めました。

気持ち良さそうに喘ぎ声を出して腰を動かす彼女はとにかくエロくて直ぐに射精しそうになるくらいでした。

それでも耐えられなくなり彼女がイクのとほぼ同じタイミングで射精しました。

ゴムをしてなかったので中出しになってしまいましたが彼女は特に怒る様子もなくその後もエッチを続けました。

知り合って1年ほど経ちますが今でも彼女とのエッチは刺激的で多い時には週に4〜5回はエッチしています。

24歳会社員

急募!大人の関係【完全無料】





△ 目次に戻る

出会い系サイトがある今の時代は、本当に便利になりました


 私が学生の頃の女の子との出会いは余り好きな言葉ではありませんが「ナンパ」でした。それも成功率は高くはありません。今の時代はいい時代だと想います。いい大人が出会い系サイトにハマっているなんて私は変態でしょうか。
 私はセックスレスの人妻が好きです。セックスに飢えた女性ほどセックスの相手として燃える対象はありません。今夜もチャットにログインをし好みの人妻を捜します。
 土曜の夜ともなるとチャットで探すのも無理かと諦め掛けたとき悩ましい声が聞こえてきました。30そこそこののグラマーなそれでいてスレンダーな私好みの美しい女性です。
女性は透ける素材のブラウスの下にキャミソールを着ている見えそうで見えない男心をくすぐる服装です。「こんばんは、ミキです。選んで頂いてどうも」と女性が少しかすれた声でいいました。その声が溜まらなくセクシーでした。私はこの女性が一目で気に入ってしまいました。

女性は画面の向こうでニッコリ微笑んでいるだけなのに私の頭の中にはすでに女性とセックスをしている絵が見えています。私は頭を左右に激しく振りその絵を頭から消し去りました。「どうしたんですか。」ハスキーな女性の声がします。私の頭の中に浮かんでは消える変態じみた妄想を女性に気づかれまいと必死です。
 「会って貰えませんか。」「まだ何もお話もしていないのに?」「あっ・・あ・の、一目で気にいっちゃったんで」と私が答えると女性は「いいですよ」と返事をくれました。私たちはホテルのラウンジで待ち合わせグラスで出会いに乾杯をしました。笑顔が素敵で寂しげな女性でした。「ご主人は?」と尋ねてみました。「いますよ」「セックスは・・?」「普通に」「えっ?じゃぁ、なんで・・」と聞いてはいけないと思いながら勝手に口が動いていくようでした。「寂しいから・・」と女性はいいました。何が寂しいのかも何で登録をしているのかも分かりません。私と女性はホテルの部屋へ入りました。

女性は自ら服を脱ぎベッドに入りました。私もベッドに入りました。女性の肩に腕を廻し、女性の胸に顔を沈めました。女性の乳房は柔らかく弾力がありました。女性自身は濡れていて挿入するには充分でした。


都合の良い時、都合のイイ相手で【完全無料】




△ 目次に戻る

サイトで知りあった女性と大人の関係になった話


私の職場は7割以上が男性で女性はそこまで多くありません。

その女性もほとんどがそれなりに年上の方で正直言って好みのタイプではありませんでした。

そもそも恋愛は色々と面倒だと思っているので彼女自体は特に欲しいと思ってませんでした。

とは言っても男なので性欲は溜まるので都合よくエッチだけの関係とか築けないものかと考えていました。

そこで色々と考えて出会い系サイトや掲示版を利用して同じような考えの女性を探そうと思いました。

最初の頃は慣れてないこともあり上手くいかなかったのですが1週間ほど続けていたら1人良さそうな方と出会いました。

考え方が近いこともあり話が合うのでLINEなどを通じてほとんど毎日話すようになりました。

お互いにエッチだけの関係を求めているので直ぐにでもイケそうな気はしましたが失敗しても嫌なのでしばらくは次のアクションを起こすのを控えることにしました。

そんな感じで知り合ってから3週間ほどは話すだけだったのですがそろそろだと思ったので試しに食事に誘って見ました。

すると彼女がOKしてくれたので週末になったら会うことになりました。

実際に会ってみると結構な美人で芸能人と言われても違和感を感じないくらいでした。

とりあえず約束通りに食事をすることに。

直接会って話してみるとより会話が盛り上がり終始楽しむことができました。

これならイケると思ったので彼女をホテルに誘ってみるとOKしたくれたので二人でホテルに向かいました。

部屋につくと先ずは二人で一緒にお風呂に入ることになりました。

お互いに洗いっこしたくらいで特にエッチしなかったものの常に勃起しっぱなしで少し恥ずかしかったです。

お風呂から上がると二人でベッドに向かいエッチを始めました。

先ずは抱き合って軽いキスから始めました。だんだんと激しくなっていき最後は貪るようなディープキスになりました。

彼女に求められるままに仰向けになって彼女の胸を吸いながら手コキをしてもらいました。

赤ちゃんプレイみたいで変態チックな感じがして恥ずかしかったですが思いのほか気持ちよくて油断したら射精しそうでした。

彼女も興奮していたのか濡れていたので四つん這いの体勢になってもらい後ろから挿入しました。

大きなお尻を揉みながら腰を激しく動かすと彼女は大きな喘ぎ声を出しながら感じまくっていました。

お尻の穴に目が行ったので先ほどの変態チックなプレイのお返しとばかりに穴に指を入れて弄りました。

するとビックリした様子を見せながらもより激しく感じていました。

先に彼女がイッたところで強い締め付けに私も射精してしまいました。

その後も衰える様子は無かったのでエッチを続行して結局3回ほどエッチしました。

現在でも彼女とは少なくとも週に2回は会ってエッチをしています。

24歳会社員


都合の良い交際探し~ラブマイセルフ~【完全無料】




△ 目次に戻る

出会いサイトで変態彼と出会いました


私はなかなかモテないので、出会いサイトに登録をしました。
すると出会いがすぐに見つかり、わたしの住んでいるところに意外に近いという男性と出会うことができました。
サイトに登録して1週間もたたないうちの出会いに驚きましたが、私は純粋で、この出会いは運命だと思いました。まさか彼が超嘘つき野郎の変態だとは、その時は思ってもいませんでした。
彼は住んでいるところが私の住んでいるところと近いと言っていましたが、いつも待ち合わせはお互いの車でコンビニに待ち合わせ、夕食はコンビニでおにぎりなどを食べていました。

たまに私の住んでいた寮まで迎えに来てくれた時は、夕食をご馳走してくれるということで、行きつけのソバ屋があるというので、楽しみにしていたら、チェーン店でした。彼は地方の出身で、そのがこの地域ではチェーン店でたくさんあることを知らないようで、こんな美味しい店を知っている自分ってすごいでしょとアピールしてきましたが、全く美味しくなく、私はグルメなので、正直私のほうがそばの美味しい店をたくさん知っていましたが、彼のプライドを壊さないために、なにも知らないふりをして、美味しいと驚いたふりをしていました。

そしてある日、私が会社の人のお葬式に出たと話をしたら、喪服の私が見たいと言い出したのです。そして次のデートで私に喪服を着てくるようにと言ったのです。着てこないと別れる、僕の事好きじゃないってことだねと言ってきたので、私は喪服を着ていきました。デートで私は喪服、彼は会社帰りのスーツで、そして彼は変態なプレイがしたいと行って、車でデート中に、あまり交通量のない場所に車を停めて私とエッチをしようとしてきたのです。ただでさえ、変な格好なのに、交通量がないと言っても、橋を渡る人からは車の中は丸見えですし、常識がなさ過ぎると思ったので、もう車から私は下りて、タクシーを拾って帰りました。それから謝罪のメールがたくさん来ましたが、もう付き合えないと言って別れました。

大人の出会いナビ【完全無料】



△ 目次に戻る


←PREV (ネットで知り合った人妻とのエッチな体験談) | (リンク集) NEXT→

top