包茎好きなお姉さんと出会えちゃいました

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




自分が色々な女性と出会った中でも特にアブノーマルだったのは、包茎が大好きな人とのエッチでしたかね。

いわゆる変態出会い系サイトで色々とメールでやり取りしているうちに、ふと「君って包茎?」との質問が返ってきたので、「自慢じゃないですが仮性包茎です」と返信してみたところ、デートのお誘いを受けてしまいました。

そして待ち合わせ場所に行くと、そこにやってきたのはとても優しそうなお姉さん系の人で、25歳と年下ながら母性を感じさせてくれる人でした。

そして色々と映画館やショッピングを楽しんだあと夜になってくると、やはり大人同士でこういった出会い系を使っているために、自然とラブホに足が向かいエッチをすることになりました。

まずは一緒にシャワーを浴びましたが、彼女が僕の包茎を見るととても喜びながらそのまま口に加えてフェラをし始めました。

まだ綺麗になっていないので恥ずかしかったのですが、それ以上に口の中で皮を剥かれたり戻されたり、かとおもったら敏感な亀頭を激しく舐め回されたりと、腰が抜けるような気持ちよさでした。

しかしここでは射精させてくれないらしく、綺麗に洗ったあとにベッドに行くと、またもや主導権を取られて備品のローションを使った亀頭責めが始まりました。

自慢じゃないですがピンク色で敏感な亀頭には刺激がかなり強く、僕がもう我慢できませんと言うと、そのまま押し倒されて騎乗位で生のまま挿入されちゃいまいした。

彼女の中は入り口がキツく中は肉厚であったため、入り口に皮が引っかかり剥けたり戻ったりととても気持ちがよいもので、ぼくは女の子みたいに喘いでしまいましたが、そんな顔をみて「可愛いなあ…」と言いながらドンドン腰の動きが激しくなり、僕は大量に中出ししてしまいました。

その後も何回かセックスをしましたが、ことごとく包茎を弄られてしまいとても気持ちいい体験をしました。


27歳会社員


【完全無料】メールなら・・・変態な自分をさらけ出しやすい!



▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|エッチの極地はオナニー。変態的な年上との関係を求めて

  2. 変態出会い|アブノーマルが好きな者同士。素敵な出会いは幸せ





変態出会い|エッチの極地はオナニー。変態的な年上との関係を求めて



変態の初心者なのかもしれません。毎晩のように彼女と会って、でもセックスそのものはしないのです。年上の彼女がオナニーをしているところを見ているのが好きだからです。
セフレといえるかもしれませんが、こんな遊びを遠慮なくできる年上の彼女なのです。もう3年くらい付き合っていますが、変態がすきなのです。彼女自身は、普通だと言いますが、彼女のオナニーは独特です。台所にある買い置きの野菜を中心に、調理道具を片っ端からオナニーに使うのです。けがしなてかと、時には心配になるほどです。そして彼女は、お気に入りのベストテンのランキングをノートにつけているのです。一緒にスーパーなどへ買い物に行っても、時間をかけて、野菜売り場や調理用品売り場で品定めしています。そんな真剣な彼女を見ると、とてもエッチな目つきで色っぽいのです。
きゅうりは、どうやって使うかというと、ぼつぼつのあるところは、軽くたわしでこすっと尖った角を少しだけ丸く仕上げます。そして、あまり冷蔵庫には入れず部屋においておきます。あんまり冷蔵庫などに入れると、実際に使うときに冷たくてよくないということなのです。そしてつかうときには、コンドームに入れて使います。そうすめると、多少は強くアソコに出し入れしても痛くはなく気持ちいいのだそうです。ときどき、私が出し入れしてあげます。それも意外性があって、よく感じるのだそうです。変態のやり方は数限りなくあります。まだまだ開発していきたいと思っています。
34歳、会社員。




△ 目次に戻る

変態出会い|アブノーマルが好きな者同士。素敵な出会いは幸せ



セックスの世界でも異端扱いされるのがアブノーマル。それだけにアブノーマルの趣味を持つ男女の出会いはなかなか思うようにいかないのです。男女のどちらか一方がアブノーマルが好きでも、もう一人が嫌であったり相性が合わないのでは、うまくいくはずはありません。
ただし、出会いのための場所があるならどうでしょうか。誰もがそれを承知で集うことができます。気が合う恋人もできるでしょう。また遊びに重点を置いたお付き合いも可能です。場合によっては複数の方のミーティングだって楽しいものになるかもしれません。
アブノーマルは、愛好家は深い喜びを感じます。相手が一緒に参加するなら、さの喜び、楽しみ、充実感はひとしおです。
出会いの場が確保されていれば、あとは何もいらないとも言えます。趣味の同じ仲間が集う場は、だれにとっても参加することそのものが幸せな行為です。大人の男女が、誰にも知られることなく、存分にイメージの羽を広げることのできる、出会いの場所へのあこがれは強いものがあります。
自分だけが知るアブノーマルを、同好者と出会い、ともに楽しむことができるでしょう。
多くの場合、アブノーマルは、禁断のセックスとも呼ばれていました。多くの大人のあこがれであったと同時に、数少ない趣味のひとつであり誰もが満足して体験することはなかなかできなかったのです。今日的には、個性として認められるようになりましたが、それでもまだまだ少数派ではあることに違いありません。少数派ならではの、濃い喜びを共有できる出会いの場が求められているのです。


【完全無料】あなたの隣の変態さん、いつでも会える!










△ 目次に戻る


top