セフレとノーパンデート&エッチを楽しむ

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓




先日、出会い系サイトで知り合ったセフレとアブノーマルなノーパンデートをしました。


彼女(典子:25歳)とは、出会い系サイトで知り合って、半年のつき合いです。


彼女は、アブノーマルなエッチが好きで、これまでも、ローションエッチやカーセックスそして、一緒にストリップを観に行ったことも。


先日、こんなアブノーマル好きな彼女から『ノーパンでデートしたい。』と言ってきたのです。


もちろん、普通にノーパンで、デートをするだけでないことは分かった私。


その日、彼女は、ミニスカート姿で来ました。


もちろん、ノーパンです。


ノーパンを確認する為、駅のトイレに入り、確認すると、本当にノーパンでした。


そのノーパンのまま街中を歩く彼女。


彼女は、ノーパンだと言うことで、いつもよりソワソワしていて、『あっ、私を見てる。』とか言っていました。


そんな彼女を見て、興奮した私は、コンビニに入り、スカートの中に手を入れると、彼女のお○んこは、ビジョビジョでした。


そのことを彼女に言うと、『もう、ダメ、感じてきちゃった。』とうつろの目で私を見るのです。


そこで、私が、ラブホテルに連れていき、部屋に入ると、彼女はすぐに私を抱きしめ、キスをしてきたのです。

そして、私の股間を触り、ズボン越しに『お○んぽ、舐めたい。』と言ってきたのです。


その前に、彼女のお○んこの中を確認したくて、ミニスカートの中を覗くと、太ももまで彼女の愛液が
伝わってきて、さらに、お○んこの中に指を入れると、先ほどよりもグチョグチョだったのです。


彼女は、私がそのようなことをしている間にズボンとパンツを下ろし、お○んぽをしごいていて、私が、お○んこの中の確認を終えると、『じゃ、しゃぶるね。』と言ってしゃぶりだしたのです。


『グチュ、グチュチュ』とエッチな音が部屋中に聞こえながら、無我夢中にお○んぽをしゃぶる彼女。


そして、彼女は、しゃぶっている間、自分の手で、クリトリスを触り始めたのです。


この姿を部屋にあった鏡越しに見た私は、大興奮してしまい、ずっと見続けていました。


その後、場所をベッドに移し、彼女の体を舐めることに。


彼女のお○んこは、大洪水状態になっていて、すすって舐めてもドンドン愛液が流れてきたのです。


そして、彼女から『ああああああ、いいいい。』の声とお○んこをすする『ジュルジュル』の音が部屋中に響いていました。


その行為を続けていると、彼女から、『ダメ、入れて~。お○んぽ。入れて~。』と言ってきたので、正常位で挿入しました。


すると、彼女は、『あああああああ、いいいい。』と言って、感じると、さらに、ガンガンに突いてあげると『あああああ、すごい、すごいの~。』と言って、感じまくっていました。


騎乗位では、私の下から突き上げるような動きに『ヒイイイ』と言いながら、感じまくり、よだれを垂らしていました。


そして、騎乗位の最中に、彼女から、『あああああ、ダメ、いきそう。』と言ったので、『いいよ。いっても。』と言ったら、『ああああああああ、いく、いく、いくよ~。』と言って、私に倒れこんできました。


彼女は、しばらく失神状態になりましたが、我に返った彼女から、『凄かったわ。』と言って、キスをしてくれました。


その後、私も出そうになり、彼女を正常位にすると、彼女の顔にザーメンを出したのです。


彼女は、ザーメンまみれになりながらもお掃除フェラをしてくれました。


とっても、気持ち良かったです。


27歳 自営業


【完全無料】過激なエロ写メ見放題!!「変態メール」女の子選び放題!!



▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|アブノーマルな野外セックスで夢が実現

  2. 変態出会い|睾丸をとにかく責めてくる年上の女性に出会いました





変態出会い|アブノーマルな野外セックスで夢が実現



かわいい女の子を見るとセックスをしたくなってしまいます。あんなきれいな女の子を抱くことができたらどんなに気持ちがいいだろうという妄想をしてしまうのです。そしてひそかな願望として野外でのセックス特に立ちバックに憧れていて、いつか1度でいいからしてみたいのです。ちょっとアブノーマルかもしれませんが、野外でどきどきしながらセックスしてみたいのです。そんな中街を歩いていたらちょっとかわいい女の子が歩いていたので声をかけて話をしていたら感じがよくて、一緒に食事に行くことになったのです。思わず出会いに興奮してきましたし、ひょっとしたらお持ち帰りができるのではないかという期待が膨らんできて、あっちの方も大きくなってきてしまいました。

彼女は21歳で大学生であり、遠くの田舎から大学のために引越しをしてひとり暮らしをしている女の子です。ミニスカートが似合っていてとってもかわいいのです。食事の後夕暮れ時に公園に行き、公園から眺めるきれいな景色を眺めていました。その彼女の後ろ姿に興奮してきてしまい我慢ができなくなってしまいました。彼女を後ろから抱きしめておっぱいを揉み始めてしまいました。怒られると思ったのですが、彼女は受け入れてくれて、そのまま服の中に手を入れておっぱいの柔らかさを楽しみ始めることができました。そして周囲に誰もいないのを確認して、スカートを後ろからめくって彼女のアソコを刺激して、パンティを下ろし、立ちバック挿入ができたのです。後でわかったのですが彼女も立ちバックが好きだったのです。アブノーマルで誰かに見られるかもしれない興奮と、そして立ちバックという最高のシチュエーションの中でセックスができて大満足の快感を得ることができました。あまりにも意外な展開で夢が実現する出会いがあり、人生なにが起こるのかわからないものです。

群馬県 30代 男性 会社員



【完全無料】変態で淫乱なメス達が熱い股間をオネダリ☆






△ 目次に戻る

変態出会い|睾丸をとにかく責めてくる年上の女性に出会いました



変態的な趣味といってもエロイものなら大歓迎なんですが、そんな出会いを昨年したんですよ。

一応アダルト系の出会い系サイトに登録して遊んでいたんですが、その時は僕好みのSっ気の強そうな年上の女性がエッチの相手を募集をしていたので、僕は必死にアプローチをして実際に会ってみることにしました。

こういったエッチ目的というのがはっきりしているのがアダルト系の出会い系の良い点なわけで、デートもそこそこに昼間からラブホに行くことになりました。

そしてまずはベッドでイチャイチャしながらトークをしていると、彼女が「私、男性の睾丸を虐めるのが大好きなんだけど、それでもいいかしら?」と言ってきました。

正直な話し、少し怖かったのですがやはり下半身は正直で大きくなってしまったので、僕はOKを出してしまいました。

すると彼女は僕をいきなり押し倒し、両足をホールドしてしまいました。

そうです、いわゆる電気あんまの格好をさせられて逃げられなくなった股間に彼女の足が乗っかり、リズミカルに股間を踏みつぶして来ました。

その後にはパンツを脱がされて、竿に快感を与えてはそれを防ぐように睾丸に軽いキックが入ります。

その飴と鞭ぶりに僕はとても興奮してしまい、大量に彼女の足に向かって射精してしまいました。

勿論その後もシャワーを浴びる際に睾丸を執拗に現れたり、玉を口に頬張って甘咬みしながらの手コキなどでメロメロになりながら、最後はセックスになりましたが、正常位でフィニッシュする際に彼女が腰に回した手を睾丸に回して射精のリズムに合わせてギューッと絞るように握ってきたのがとても気持ちよかったです。

プレイ後のトークでも、これはまだ手加減しているほうで本当は蹴ったりしたかったんだけどね、と言われてしまいちょっと怖い思いをしながらどこか興奮していた自分がいました。


【完全無料】あなたのお好み通りに!きっと近くにいる変態さん!




△ 目次に戻る


←PREV (包茎好きなお姉さんと出会えちゃいました) | (サイトで出会った変態な女の子と) NEXT→

top