サイトで出会った変態な女の子と

【完全無料】で変態出会い
↓↓↓↓↓



私は全く女の子にモテません。しかも出会いもなかなかないために寂しい思いをしています。
そんなこともあり私は、出会い系サイトで日々女の子を探しています。
そんな中で私は、運良く変態な女の子を見つけることができました。
その女の子はかなりアブノーマルプレイが好きです。
彼女は私にオシッコを無理矢理飲ませることが大好きなのです。
言わば強制飲尿プレイです。私は変態ドMなので彼女に従い、彼女のオシッコを飲んでいます。
彼女のオシッコはとても濃くさらに苦いです。
私はこれまでにオシッコを飲んだことがなかったので、初めて彼女のオシッコを飲まされた時は驚きました。
彼女は超がつくほどのドSで、男に無理矢理オシッコを飲ませるのが快感らしいのです。
私以外にもたくさんの男性にオシッコを飲ませていたみたいなのです。
彼女はそれだけでは収まらず、私の顔や全身にオシッコを浴びせます。
私の全身が彼女のオシッコですごいニオイがすることもあります。
しかし、興奮するので嫌ではないのが私の変態なところです。
聖水プレイは少ししてみたいと思っていたこともあり、彼女とできて幸せかもしれません。
さらに彼女は、私にビンタしたり叩いたりするのが好きなのです。
ドMな私はもちろんそれを受け入れます。
彼女のビンタはかなり本気なのですごく痛いです。
顔が赤くなるくらいに腫れたりすることもありますが、私もそれが快感になっています。
本当に私たちはかなり変態なんだなと改めて思います。
[30代 無職]

【完全無料】変態さん同士を繋ぐコミュニティ


▽ 目次 ▽



  1. 変態出会い|某サイトでの変態体験談

  2. 変態出会い|出会い系サイトで知り合った彼女の秘密とは





変態出会い|某サイトでの変態体験談



私には数年前から利用している出会いサイトがあります。課金制のサイトですが非常に優良なサイトですので頻繁に利用しています。しかし出会いはありますがなかなか体の関係に持っていく事が出来ないでいました。普段から変態的な妄想は常に抱いていましたのでもんもんとした日々を過ごしていました。彼女にはお願い出来ない事もたくさんありましたので。そこで今までいい人を装って投稿していた文章を直球に変えてみました。大げさにいうと変態な子募集の様な感じです。まず連絡はこないだろうと思っていました。予想通り1週間程は携帯は鳴りませんでしたが10日後辺りの忘れていた頃にメールがきました。今週末に会いませんかとのメールでした。警戒しながら色々と聞いてみると業者やいたずらではなさそうだったので会ってみる事に。週末になり夕方に待ち合わせ場所に行くと女子大生風のかわいい子が来ました。あまりのラッキーな出来事に舞い上がりました。食事に誘い色々と聞き出してみるとその子もやはり変態でした。歴代の彼氏にはリクエスト出来なかったけど体験したいことがたくさんある様で過激な内容もありました。さっそく現在大学3年生だというA子ちゃんを連れてホテルに入りました。お互いのリクエストを確認しつつプレイに。感度も良くスタイルも抜群でしたので興奮しまくってしまい、休憩の予定で入りましたが結局宿泊してしまい朝までやりまくりました。念願のプレイも実現出来大満足でした。もちろんまた会う約束もしていて今度は家に遊びに行く事になりました。意外と近所でしたので今後の関係が楽しみで仕方ありません。


【完全無料】あなたの隣の変態さん、いつでも会える!




△ 目次に戻る

変態出会い|出会い系サイトで知り合った彼女の秘密とは



私は、セックスを目的に女性と知り合いたい時には、出会い系サイトを利用します。掲示板への書き込みは決まって「一緒に旅行にいきませんか?」。観光地巡り、食事・お酒、セックスとデートの要素が凝縮されるので、効率的だと思ってのことです。
今回も数人の女性から反応がありました、興味を持ったのが、29歳の家事手伝いという彼女。以前はデパートの化粧品の販売をしていたといい、メールで写真も送ってもらいましたが、かなり色気のある美形。バストもDカップという彼女に決めました。自分のセミヌード写真も送ってくれるほどの少々変態を匂わせる彼女。普通、出会い系サイトで、最初から旅行というと二の足を踏む女性も多い中、メールを繰り返す中、宿泊先も彼女が予約してくれました。日光のディナーを売りにしたペンションでした。
メールのやり取りで、お互いが当日のセックスを楽しみにしている雰囲気は作れていましたが、彼女からの宿題がだされていたのです。「私の秘密を当てられたなら、セックスしてもいい」と。私も色々考えました、きっと下ネタ系なんだろうと。フェラ好き?、クンニリングス好き?、バックが好き?、騎乗位が好き?、ありとあらゆることを考えましたが、これといった答えを持てずに当日を迎えたのです。
待ち合わせのファミレスに座る彼女は、150㎝に満たない小柄で細く、写真の通り色気をたっぷり匂わせる美人でした。ちょっと震える手でコーヒーを飲みほし、日光へ向かったのです。
日光のお決まりの観光地を数ヶ所回り、ペンションへチェックイン。木窓を使った部屋は小さなランプをあしらった明りだけの薄暗いムードある雰囲気。さっそくベッドに横たわり、会話をしながら、彼女のパンツに手をかけようとした瞬間、彼女からストップ。「私の秘密、わかった?」と言うのです。「分からない…」そう答える私に、彼女は微笑むように「私、ちょっと変態なの…」、そう言って、私のデニムのベルトに手を掛け、脱がし、おもむろにフェラを始めました。彼女の色気とテクニックで我慢出来ず、私から攻めようと試みましたが、させてもらえず、「このまま出るまで」とフェラを止めません。出会って初めての彼女に口内発射をしてしまい、彼女はそれを飲み干しました。瞬間、彼女は「ねっ、変態でしょ?」と。同時に、この娘は、ちょっとイカレてる。心に傷があるのかな?と思った瞬間でした。
夕食後、シャワーを浴びている彼女が鼻歌を歌っていました。自分の秘密を打ち明け、満足だったのでしょうか。その夜は、2度セックスをしましたが、翌朝は少しスッキリとした彼女の顔になっていました。
出会い系サイトで知り合った少し変態の彼女は、半年つきあっている、今の私の彼女です。


【完全無料】華麗な女性には変態が多い!


△ 目次に戻る


top